« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #12「蒼穹ニ響ケ」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第266話「そして笑顔になる」 »

ハヤテのごとく! 第265話「木の芽風」

ハヤテのごとく! 22巻
少年サンデーコミックス
畑 健二郎 ハヤテのごとく!! 2nd season 08 [初回限定版]
[Blu-ray] 桂ヒナギク (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

「お前の人生は…もう限りなく無意味と言う事じゃな…」(2巻)

 相変わらず判断は人任せだなあ。ハヤテって凄く良い奴なんだけど、主体性が無いっつーか、流されるままの生き方に慣れすぎてしまってるというか、常に受け身で物事に対する執着心が薄い感じがするんだよなあ。もちろんアテネとの別れはハヤテにとってめちゃくちゃ悲しい事なんだろうけど、楔の様にハヤテの心を縛っていたアテネの事ですらアテネ自身に相手に判断させちゃってるのを見ると、ハヤテの求めているものが一体なんなのかがイマイチ分かんなくなってくるよ…。幼い頃からあまりにも酷い環境で育ってきていたから、なんにしろ既に諦めてしまっている、と言う前提があるのかもねえ…。

「だったら…ちゃんと選ばないとだめですよ?」(10巻)

 そんなハヤテが何かを欲し、止まらない想いを、いや、止められない想いをあらわにする事はあるのかなあ。今のところ選ぶ以前だからねえ…。少なくともナギがいる限り、誰かを好きになるのはかなりハードルが高い気はするし。以前マリアさんとの会話でもあったけど、主としてのナギから開放されない限り、ナギすら恋人になる事は難しそうだもんなあ。

「これで最後よ」

 アテネとのエピソードは、ハヤテを幼い頃からずっと縛っていたものから開放し、同時に本当に望まなければ決して手に入れられないモノがあることを自覚させるという二つの点を踏まえた上で、ハヤテが自分自身の意思で動き出すための試練みたいなものだったのかもなあ…。

■TVアニメ ハヤテのごとく!!POSTERS! (大型本)
■ハヤテのごとく! 22巻 畑 健二郎 (amazon)

|

« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #12「蒼穹ニ響ケ」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第266話「そして笑顔になる」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ハヤテのごとく!(漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/47899687

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく! 第265話「木の芽風」:

» ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」感想 [花吉の由無し言]
 いよいよこれで最後の夜が終わろうとしています。次回からは日常でしょうか。 [続きを読む]

受信: 2010年3月25日 (木) 18時02分

» ハヤテのごとく! 第265話「木の芽風」感想 [乱文乱舞ランブル]
なんだか今回のサブタイトルにまでなってるけどムキになってスルーするぜ! [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 00時52分

» ハヤテのごとく!第265話 ワガママは男の罪 それを許さないのが女の罪 [Comic Soul]
「ハヤテのごとく! 23巻 購入特典」とかで検索してこの記事も見てる人へ。 恐らく今週も情報は出ないからおとなしく待機してよう。 でも... [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 20時43分

» ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」感想 [かをぬくな〜]
明日から、4日間箱根、そして5日目に東京に行ってきます。 ・・・・・・・。 どーせ来週まで更新しないし、言わなかったらバレなかった... [続きを読む]

受信: 2010年3月30日 (火) 19時22分

« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #12「蒼穹ニ響ケ」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第266話「そして笑顔になる」 »