« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07「蝉時雨・精霊流シ」 | トップページ | とある科学の超電磁砲 #20「乱雑開放<ポルターガイスト>」 »

ハヤテのごとく! 第260話「ETERNAL WIND」

ハヤテのごとく! 22巻
少年サンデーコミックス
畑 健二郎 ハヤテのごとく!! 2nd season 07 [初回限定版]
[Blu-ray] 桂ヒナギク (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

「私は――――――――」

 木の芽風を聴きながら読んだわけですが…。アーたん…(泣)

 誰もいない場所でずっと孤独な戦いをしていたアテネに、ほんの一時ではあったけど求めていたものを与えてくれた人だからなあ。しかも、それ以降も傍にいてアテネの心を支えてくれるような人は現れずずーっと一人だったみたいだし、アテネの人生にとってハヤテの存在が与えたインパクトは他には代えがたいほどのものだったんだろうなあ…。と、ボロボロと涙をこぼすアテネの気持ちが痛いほど伝わってきて思わずほろり。しかも、あんなに邪険にしたのに助けに来てくれてたら…。ほんと良かったよなあ。

 と思うものの。

「いいのよ。それは私たちの役目ではないから…」

 同時にヒナギクの寂しそうに立ち去るシーンをみて、この切ない気持ちだかなんだかをどう処理していいのか分からなくなっちゃったよ…。恋愛を扱っている以上、誰かが泣く事は分かりきっているとはいえ、めっちゃ複雑な気分。告白に衝撃を受けていたところに、少し自分を取り戻したとはいえ追い討ちをかける様に二人の抱擁を見せ付けられるとか…。ハヤテのピンチに駆けつけるのはヒナギクしか出来なかった事だったけど、過酷な役割だったよなあ…。

 そんなヒナギクさんを含んだ他のヒロインズに一発逆転の展開があるとすれば…。うむむ。実は結婚してました的なアクロバティックなウルトラCでもないと無理なのかなあ。あとはアテネがロイヤルガーデンを目指していた理由が分かれば何か変わるかもしれないけど…。

 それとどうしてもナギの事は外せないよなあ。どうするんだろ?一生守ると言っている以上、ハヤテがその約束を破るとは思えないし…。もしかすると、ソシエとお互いに意識しあいながらも、ディアナ様のお世話を選んだロランみたいな終わり方を考えてるのかなあ…。

 あ、「ETERNAL WIND」ってF91か。こっち聴けばよかった(笑)


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■TVアニメ ハヤテのごとく!!POSTERS! (大型本)
■ハヤテのごとく! 22巻 畑 健二郎 (amazon)

|

« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07「蝉時雨・精霊流シ」 | トップページ | とある科学の超電磁砲 #20「乱雑開放<ポルターガイスト>」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ハヤテのごとく!(漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/47594369

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく! 第260話「ETERNAL WIND」:

» ハヤテのごとく!第260話「ETERNAL WIND」感想 [かをぬくな〜]
テストのおかげで一日遅れてすみません! 話し変わりますが・・・国母ぉ・・・・・・。 ↓ハヤテ感想 [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 19時33分

» 今週のヒナギクを見て思い出したこと。 [還山捫虱堂]
見事に黒子役か、栄華無き英雄ヒナギクさま! 次週で号泣できたらブログで記事に書くよ。 銀河鉄道999のラストソングが心にしみる。 [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 21時05分

» ハヤテのごとく!第260話「ETERNAL WIND」感想 [花吉の由無し言]
 このタイトルどこかで聞いた気がするんだけど元ネタが思い出せません。いよいよアテネ救出の時がやってきました。 [続きを読む]

受信: 2010年2月19日 (金) 20時19分

« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07「蝉時雨・精霊流シ」 | トップページ | とある科学の超電磁砲 #20「乱雑開放<ポルターガイスト>」 »