« ハヤテのごとく! 第250話「終わる日の始まり」 | トップページ | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」 »

とある科学の超電磁砲 #9「マジョリティ・リポート」

とある科学の超電磁砲 02 とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版>
[Blu-ray]

■黒子
「この中に必ずあるんでしょう?だったら一つ一つ潰していくだけですの」

 やっぱ黒子いいなあ。

 正義をなすためならどんな努力も惜しまない姿勢。彼女の魂の高潔さを感じさせる決断がめちゃくちゃ素敵。というか、そもそも黒子にとっては苦労でも面倒な事でもなく、そうするのが当たり前のことなんだろうなあ。事件を解決するための道筋が見えるのであれば、真っ直ぐ進んでいく迷いの無さに惹かれるなあ。

 しかも今回はアクションシーンでもメインを張って、ピンチに陥ろうと諦めない意思の強さも見せてくれたりと、見せ場も盛り沢山で大満足ですよ~。

「では…ここは目覚めのキスを…」

 いや、まあ、ほんとバカなんだけどね(笑)

■佐天さん
「レベルなんて、どうでもいい事じゃない」

 美琴の言ってる事は正しいと思うし、実際美琴もそういう生き方をしてきたんだろうけど…。劣等感を感じてしまっている佐天さんに、レベル5の美琴の言葉は通じないよなあ。初春の言葉だったらまだしも、7人しかいないレベル5だもんなあ。勝者の言葉としてしか捉えられなくても仕方がないわ。

「能力者とレベル0では何もかもが違う…」

 佐天さんは結果だけ見て全てを判断しちゃっているけど、この辺の意識の差は目的の有無が大きく影響してるんだろうなあ。能力があるから結果があるんじゃなくて、目的があるから結果がある。少なくとも最初の段階で能力の有無はあんまり無い。黒子の凄さって能力ってよりは、自分の生き方、強い目的意識を持って突き進む心の強さであって、その強さがジャッジメントとしての黒子を成り立たせているだろうしね。正義をなす為に必要な事なら、どんな努力も惜しまない姿勢が結果を出させている。体を鍛え体術を習得したりすることも、今回の地道な捜査も。たぶん能力が無ければ能力を得る為の努力も追求したんじゃないかなあ。

 まあ、中学生でそこまでの目的意識を持ってる子の方が珍しいだろうし、自分のペースで成長していけばいいんだけどね。佐天さんは黒子達と友達にならなければ、学園都市という特殊な環境とはいえ、一歩一歩成長していけたのかもなあ。(前回の初春とのやり取りみたいな感じでね)。とも思ったり。初春は黒子を批判していたけど、本当はジャッジメントの権限を越えた行為だしなあ。自分の出来る事で最善を成せば十分なんだけど、黒子にしろ美琴にしろ、能力があるから出来てしまう事の幅も広いしねえ。そういったものを目の当たりにしたら、そりゃあねえ。その辺も佐天さんが誤解してしまう理由の一つなんだろうなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■とある科学の超電磁砲4 根付ストラップ付き特装版  鎌池和馬/冬川 基 (amazon)

|

« ハヤテのごとく! 第250話「終わる日の始まり」 | トップページ | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」 »

とある科学の超電磁砲」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/46881282

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲 #9「マジョリティ・リポート」:

» とある科学の超電磁砲 第09話 [まぐ風呂]
[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#9 マジョリティ・リポート病院で木山春生に出会った美琴達そして木山にレベルアッパーについて聞いて見る事に木山が戻ってきた時美琴は眠ってい... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 19時15分

» アニメ とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」 感想 [99UPキノコ]
黒子に振るわれる『幻想御手』の猛威。 『幻想御手』を持つ佐天は、彼女の戦いを見て何を思うのか。 ネタバレありです。 [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 20時31分

» 『とある科学の超電磁砲』第9話 [ウサウサ日記]
第9話「マジョリティ・リポート」レベルアッパーを偶然手に入れた佐天。美琴たちに言い出せず、使うのを躊躇いながらも手放せずに悩んでいるけど…。 [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 23時39分

» [アニメ]とある科学の超電磁砲:第9話「マジョリティ・リポート」 [所詮、すべては戯言なんだよ]
黒子の大捕物帳に対比する佐天さんの心の中での葛藤。 [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 02時27分

» とある科学の超電磁砲~第9話「マジョリティ・リポート」 [tacoの気持ち]
美琴ストラップ 欲し~い 涙子久しぶりの スカートめくり 涙子お茶目 涙子好き 涙子どんまい とある科学の超電磁砲 涙子レベルアッパー 使っちゃあダメ [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 11時20分

» 【とある科学の超電磁砲 第9話−マジョリティ・リポート】 [AQUA COMPANY]
ついに手にしたレベルアッパー。 揺れ動く佐天の気持ち・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 20時29分

» とある科学の超電磁砲9話 『マジョリティ・リポート』 [無常の流れ]
超電磁砲の第9話は色々と考えさせられる話となりました。能力を"持つ者"と"持たざる者"の立場の違いだとか、"マジョリティ"と"マイノリティ"の問題とか偶然"レベルアッパー"を入手してしまった佐天。その正体は音楽ファイルでした。いつものノリでスカートをめくりつ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 20時35分

» とある科学の超電磁砲 #09 [関西版地上アニおた波]
今回の敵であるトリックの敗因は、余裕ぶっこいて決めるときに決めないこと。三一のやられ役はこんなもんか。それよりも佐天が微妙すぎる方... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 22時21分

» とある科学の超電磁砲 09話『マジョリティ・リポート』 [本隆侍照久の館]
美琴と黒子は病院の待合室で木山から詳しい話を聞くことに。 [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 23時43分

» とある科学の超電磁砲 9話 [ホビーに萌える魂]
とある科学の超電磁砲の第9話は、やっぱりレベルアッパーをDL(ダウンロード)した涙子。そして、レベルアッパーを使った凶悪犯に苦戦する黒子。 [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 23時09分

» ◎とある科学の超電磁砲第9話「マジョリティ・リポート」 [ぺろぺろキャンディー]
ミサカとクロコが病院でまってると、脱ぎ女の人がやってくる。そして、また脱ぎ女さん脱ぎ始める。専門家としての意見をきく。ウイハルさんは、またスカートめくられる。サテンは、あのアイテムをみつけたと報告。そして、脱ぎ女にレベルアッパーについて訪ねる。そこに、...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 3日 (水) 06時24分

« ハヤテのごとく! 第250話「終わる日の始まり」 | トップページ | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」 »