« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の30件の記事

ハヤテのごとく! 第242話「夜に想う」

ハヤテのごとく! 20巻
少年サンデーコミックス
畑 健二郎

「何があったかは…気持ちの整理が付いてからで…いい?」

 ヒナギク切ねえぇぇ!!

 バレンタインの時は切なげな表情を見せてもパッと気持ちを切り替えられるぐらい余裕があったけど、今回は流石になあ…。ハヤテを別な女の子の所に促すのは一緒だけど、既に好きだと自覚していて告白までしようとした正にそのタイミングでだもんなあ。前回は西沢さんの為、今回はハヤテの為。自分が正しいと思った選択をしてしまうのは、とてもヒナギクらしいんだけど…。今回はクリティカルな選択だったよなあ…。

「だったらその想いは…報われなくっちゃ―――」

 自分の行動に理由を付けて正しかったと思い込もうとするのも、また実にヒナギクらしいけど、顔を逸らし立ち向かおうとしない様子はあんまりヒナギクらしくないとも言えるなあ。結局ヒナギクがハヤテに言った言葉の通りで、相手に好きな人が居ようと居まいと「好きなものは好きなんでしょ?」という事であり、「少しぐらいワガママ言わないと…幸せつかみそこねるわよ」って事なんだと思うけど…。ヒナギクはもう一度奮起出来るかなあ…。

 …にしても…涙目のヒナギクがメッチャかわいい。…やっぱ、報われて欲しいなあ。

「おい。それに触るな」

 !

 スイッチ入ったハヤテ怖えぇ!!ハヤテにとってお嬢さまはホント別格なんだなあ…。うーむ…。このスイッチがアテネに対して入らないといいんだけど…。

「え…えっと…」

 ?マークの飛び交うマキナがアホの子可愛い(笑)

 アテネの事が大好きで暴走しちゃったんだろうけど、鳥頭って言うか、色々判断できない子なんだろうなあ^^; 人間じゃないらしいけど、その辺に理由があるのかな?

『とりあえず…話は中で聞こうかしら…』

 そして、ついにアテネとの再会!!!今度はハヤテと認めた上での再会になるんだろうけど…。アテネは疑心暗鬼に陥ってるみたいだし、ハヤテもお嬢さまに関わる事にはめちゃくちゃ敏感だしなあ。どんな再会になるのか…。あーもう次回が待ち遠しい!!


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■TVアニメ ハヤテのごとく!!POSTERS! (大型本)
■ハヤテのごとく! 21巻 畑 健二郎 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第25話「闇の扉」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
【DVD】 ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤)
スキマスイッチ
3rdオープニングテーマ 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 Original Soundtrack 1

 エドとリンは出口の無い世界の狭間に閉じ込められるし、大佐はホムンクルスに支配された軍中枢で有無を言えない立場に追い込まれるしで、最大級のピンチに陥っちゃったんだけど…。

「ヒューズ准将の子、葬儀の最中、喧しいことこの上なかった。実に腹が立ったよ」

 エドとリンはエンヴィーと戦う事にまでなって本当にピンチなんだけど、大佐側はなんとなく大総統に保護された様にも見えるんだよなあ…。大総統の発言を聞いていると、大総統自身も誰が味方か分らない中で滅多な事を言えない立場に置かれてるって感じもするし。もしかするとホークアイが大総統の補佐にされたのも、信用できる人物を自分の傍に置いておきたかったって事なのかも。あとは大佐の処遇がどうなるかだよなあ…。

 カップを持つ手の震えが本物だといいなあ…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]  (amazon)
■つないだ手 Lil’B 3rd エンディングテーマ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

咲-Saki- 第25局「全国」

咲-Saki- 4
[DVD] 咲-Saki-  6
ヤングガンガンコミックス
小林 立 咲-saki- エトペンぬいぐるみ
コスパ

 燃えに燃えた麻雀バトルもついに最終回!!

 せっかくの合宿だし麻雀観られるかなあって思ってたら、メガネ卓のリベンジ戦しか無くって超残念なり~。もちろん面白かったんだけど、団体戦が始まってからの展開がめちゃくちゃ面白くてドはまりしただけに、麻雀がない咲には物足りなさも感じるなあ。全国大会編へ繋がる合間のエピソードみたいだったし…。というか、来週もあるでしょこれ!エンディングに登場してた全国の猛者たちの必殺技連発にワクワクせざるを得ないんですが!!という訳で、早いとこ続編きぼーっす!!麻雀観たい!!

 あ、あと、さすがに京ちゃんはお留守番なのね~。女の子ばっかの合宿だしなあ(笑)


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! ファンブック
■咲-saki- ドラマCD 第2局 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (41)

大正野球娘。 第十二話「土と埃にまみれます」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産)
[Blu-ray] 浪漫ちっくストライク
オープニングテーマ 大正野球娘。~乙女達乃青春日記~(限定版) 
5pb. 
プラットフォーム:   Sony PSP

 面白かったーーーー!!!!!

「骨が折れていたってやるさ」

 もう、主題歌が流れてきた辺りからの野球の描写がめちゃくちゃ良くってさ~。何か涙出てきたよ^^ 双方の駆け引きの描写も面白かったんだけど、やっぱ全力でプレーする姿が一番だったなあ。朝香中の本気も、桜花会の抜群の守備も、みんなみんな素晴らしかった!!特に鏡子がダイビングキャッチしたときは嬉しかったなあ。

 最後も試合終了のあいさつでパキッと終わらせるやり方も実に好み。エンディング後のシーンはもちろん!やっぱ小梅いいなあ~。めっちゃかわいい。という訳で、12話とっても楽しませてもらいました!ホント面白かった~。野球って楽しいよな~。

―――

「これからは言いたい事があったら、その場でハッキリ言うべきだな」

 あと前回の高原の失言にはちょっと腹立たしさもあったけど、言いだせない小梅の代わりを引き受けた部分もあったかなあ。結果的には親父さんに伝えられたし認めてもらって応援までしてもらえた事を考えると、高原の裏表の無さの方が正しかったのかもなあってね。まあ、やっぱり迂闊だとは思うけど(笑) きっと普段もそんな感じで妙な潤滑油になってたりするのかもね。本人には全くそんな気はないだろうけど^^


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■大正野球娘。 第1巻 [DVD]  (amazon)
■「大正野球娘。」音楽集
■「大正野球娘。」ドラマCD

| | コメント (0) | トラックバック (37)

うみねこのなく頃に 第13話 EpisodeIII-II gambit

うみねこのなく頃に Note.01
Blu-ray 初回限定コレクターズエディション うみねこのなく頃に Episode1(上)
講談社BOX
竜騎士07 la divina tragedia~魔曲~
EDテーマ
じまんぐ

 この世界って一体何なのかなあ…。

 ん~…。見当外れの予想かもしれないけど、一番初めのエピソードも戦人とベアトリーチェの勝負の一部、というか、ベアトリーチェの罠の一部って可能性はあるかなあ。そもそも本当は誰も死んで無くて、ベアトリーチェが自分の復活の為に十八人の意識を自分の世界に引きずり込んで悪夢を見せているとか…。そしてその全員に自分を認めさせれば復活が成るんだけど、そんな中で戦人がベアトリーチェの意に反して反抗してきたって考えれば、なんとなく今の状況と合致する様な気もするし…。うむむ…。

 赤字のルールまで疑うと全部分んなくなっちゃうんでとりあえず正しいとしてだけど、1967年に二十歳代(三十歳代?)ぐらいの人間としてのベアトリーチェが存在していて、事故で無くなったってのは事実なんでしょう。ここで自由になったベアトリーチェは、十九年かけて少しずつ力を蓄え意識を拡大し、自分の復活の為の罠を六軒島に張り巡らせたって感じかなあ。

 まあ、この考えだと熊沢のばっちゃんの存在が良く分らなくなってくるけど^^ 師弟関係ってのは二人の間に上下関係というか、そんな様なものがあったって事かもなあ。養母とか教育係だったとか…。あ、というか、熊沢のばっちゃんが金蔵の浮気相手のベアトリーチェ(先代)って可能性もあったりして…。つまり、今のベアトリーチェは金蔵の隠し娘。…とかなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■うみねこのなく頃に 特装限定版ゴールドエディション Note.01 [DVD]
■うみねこのなく頃に Episode.1 オリジナルサウンドトラック Essence
■「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.1
■片翼の鳥 志方あきこ OPテーマ (amazon)

| | コメント (1) | トラックバック (29)

ハヤテのごとく! WEB漫画 第44話「リッカの宿(空家)」

ハヤテのごとく! 20巻
少年サンデーコミックス
畑 健二郎

 今週は本誌がお休みなんでWEB版の感想をば。

「お金が無いから…Ⅸ買って無いよ」

 あ~この感覚懐かしいなあ。中高校生ぐらいの時は自分の自由にできるお金なんてそんなに無かったから、友達と読みたい雑誌を分けて買ったりするなんて事もやってたなあ。特にゲームは高いからどんなに人気のソフトであろうと買えない時は買えない。当然友達も買って無い。なんで、中古で安くなった時にプレイしようと思ってるんだけど、人気ソフトはなかなか値段が落ちなかったりするんだよなあ^^

 ただ千桜の場合は…。なんとなく同人誌の買いすぎの様な気がする(笑)

■WEB漫画(バックステージ)はこちら


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■TVアニメ ハヤテのごとく!!POSTERS! (大型本)
■ハヤテのごとく! 21巻 畑 健二郎 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咲-Saki- 第24局「夏祭り」

咲-Saki- 4
[DVD] 咲-Saki-  6
ヤングガンガンコミックス
小林 立 咲-saki- エトペンぬいぐるみ
コスパ

「まったく。絵本の読み聞かせをしないと眠れないとか、どんな高校生ですの」

 ほんと衣いくつだよ(笑)

 あと、長髪の子は誰かと思ったら…。一ちゃんは髪下した方が高校生っぽくなるなあ。まあ、普段は格好はあれだから比べるのもなんだけど^^

「うん、そうだね。麻雀部のみんなも誘って行こ」

 京太郎と咲の何気ない感じが好きなんだよなあ。もうちょっと絡めばいいのに。まあ、このアニメじゃ男がハブられるのは宿命だけどさ^^ でも、京太郎がいるおかげでコアな方向性により過ぎず程よいバランスになってるから、結構重要なポジションだと思うなあ。あと、色々と妄想してくれるし(笑)

「ダメです!大体、追試に通らなかったら今度は補習です!合宿に行けませんよ!」
「笑い事じゃありません!」

 いいぞ。もっと言ってやれ~。タコスはもうちょっと真剣にならんと…。せっかく全国大会に出場できるんだし合宿にしっかり参加して、万全の態勢で臨めるよう頑張らんとなあ。それに、赤点で補習ならまだしも、あまりにも不真面目だと部活動禁止だってありうるだろうに^^;

「ねえ。この後、用事ある?」

 キャプテン大勝利!まさか、一緒に花火が観られるとは思って無かったろうなあ。返事にかこつけて直接会いに来たかいがあったな!つか、会いに行かずには居られなかったんだろうなあ。いやあ、かわいいなあもう。

 まあ、部長は全然意識してないんだけどね。でも、それでいてさりり気なく花火に誘っちゃうのは流石としか言いようがないよ(笑)

「さあ、合宿よ!」

 てな訳で次回は合宿!!

 個人的にはかじゅ、和、一、キャプテンの対戦が観たいな~。超本気の咲とかも。魅力的なキャラばっかりだから、他の組み合わせでも色々楽しそうなんだけど…。根本的な問題として…麻雀やるかなあ^^


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! ファンブック
■咲-saki- ドラマCD 第2局 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (67)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第24話「腹の中」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
【DVD】 ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤)
スキマスイッチ
3rdオープニングテーマ 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
 Original Soundtrack 1

「マスタング大佐にエルリック兄弟、そして、外の国から来た者たち。老獪な我々がいいようにかき回されている。若者の時代がすぐそこまで来ているのかも知れんぞ?―プライド」

 昔読んだショートショート(星新一だったかなあ)を思いだしたなあ。ある企業Aからライバル企業Bに産業スパイとして送り込まれた社員が、企業Aの為に頑張りに頑張りぬいて企業Bの中で実績を残し社長まで上り詰めるんだけど、結局元々の企業Aではなく、自分の努力で支え築き上げた企業Bを選択するって話なんだけど…。ホムンクルスは父上に絶対の忠誠を誓っている様にも見えるけど、グリードの例もあるしなあ。大総統のこれまで築き上げてきた人生と父上との天秤はどちらに傾くんだろ…。

「どうしたね、マスタング大佐。私がホムンクルスだから、どうだというのかね?何か問題でも?」

 やべええええええ!!!

 大佐もエドも敵の腹の中に落ちるとか…。めちゃくちゃピンチじゃねーか!!!

 これまでも軍が大総統の事をどこまで把握しているのか疑問ではあったけど…。さすがにトップ全員が大総統の事を把握しているとは思わなかったなあ。こうなってくると大総統の天秤がどちらに傾いているのか、そもそも他の軍首脳をどうやって従えているのかとか、めちゃくちゃ気になる!!早く次回を観たい!!!!


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]  (amazon)
■つないだ手 Lil’B 3rd エンディングテーマ

| | コメント (0) | トラックバック (51)

ハヤテのごとく!! 第25話「執事とお嬢さまの話ですから」

ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版]
[Blu-ray] カラコイ~だから少女は恋をする [初回限定盤]
新エンディングテーマ
三千院ナギ&綾崎ハヤテ starring 釘宮理恵&白石涼子 daily-daily Dream <通常盤>
新OPテーマ
KOTOKO

「戦争根絶を目指すソレスタルビーイングは…」

 なんだこれ。全然普通じゃねえ(笑)

 しかし、今回は久々にパロディ満載だったなあ。色々なネタがこれでもかと詰め込まれてた所為か、なんか1期の様な感じだったなあ。というか、アリスなヒナギクがめっちゃかわいい。あと、動く地面を走る3人娘が実にらしくていいな。特に理沙(笑)

「まあ、アリよりは観察し甲斐があるだろう?」

 相変わらずナギのおもちゃ状態というか、お嬢さまの気まぐれに振り回される執事君は大変だよなあ。それでも、全てを把握した上で頑張るハヤテは流石。ホントいい子だわ。しかし、パッキー買いに行ったら、大流行しちゃって売り切れてるとかどんな不幸だよ!!^^; なんつーか、バイト回の時も思ったんだけど、ハヤテの不幸って周りに幸運を分け与えてるというか、幸運を偏らせる効果を持っている様な感じがするんだよなあ。

「おいしい?」

 まあ、めっちゃ幸運な様な気もするんだけど(笑)

「じゃあ、一通り済んだところで…学校行きますよお嬢様」

 という訳で、ついに最終回でした!!でも、まだまだ全然続きそうな内容だったなあ。一応エンディングは最終回らしいまとめにはなってたけど、新学期が始まって新キャラも出てきたりだし、新展開につながる合間の一話って感じで、あんまり終わりって感じはしなかったかなあ。最後のカットもめちゃくちゃ続きそうな引きだったしね~。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■ハヤテのごとく! 20巻 畑 健二郎
■ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版] [DVD] (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (31)

大正野球娘。 第十一話「そゞろに胸の打ち騒ぐ」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産)
[Blu-ray] 浪漫ちっくストライク
オープニングテーマ 大正野球娘。~乙女達乃青春日記~(限定版) 
5pb. 
プラットフォーム:   Sony PSP

「お父さん。聞いてなかったんですか?」

 こ、これは…うぜえぇぇ!野球をやっていた事を嘘をついて誤魔化していたのは明らかに小梅が悪いんだし、親父さんが怒るのも無理はないんだけど…。高原の空気の読めなさっぷりがひどすぎるよ~。なんて腹立たしいんだ。…岩崎たちはいつもこんな気分なんだろうなあ^^;

「それはいかんな。事前に取り決めた約束の時間を変更するのは、紳士淑女のやる事ではない」

 慶応大学野球部のエース佐藤さんカッコいいな!キッチリした厳しさが実にいい。おかげで試合放棄の可能性が出てきちゃったんだけどね。でも、彼の厳格さがあったから、大丈夫だろうなあと思いつつも、ギリギリ感を感じさせてくれたってのもあるよなあ。しかも、事故の直後の巴の描写がまた上手くてね~。あれ?もしかしてホントにヤバい??って思いながら観てましたよ。あーハラハラしたっ!^^

「相手がこちらを甘く見ているうちは、厳しい球もなければ遊び球も無いわ。だから初球から積極的に」

 ホント乃枝は頼りになるなあ。審判を味方にするための策をうってみたり、様々な細かい指示がチームを有利に導いてるよなあ。ただ、自力は朝香中の方が確実に上だろうし、ここからが勝負になっていくだろうなあ。ん~、ナックルが勝利のカギかなあ…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■大正野球娘。 第1巻 [DVD]  (amazon)
■「大正野球娘。」音楽集
■「大正野球娘。」ドラマCD

| | コメント (0) | トラックバック (27)

うみねこのなく頃に 第12話 EpisodeIII-I castling

うみねこのなく頃に Note.01
Blu-ray 初回限定コレクターズエディション うみねこのなく頃に Episode1(上)
講談社BOX
竜騎士07 la divina tragedia~魔曲~
EDテーマ
じまんぐ

「とても良い一手だと思いますよ。これまでのゲームでの無策と違い、戦い方に指針を持たれるのは劇的飛躍と申せましょう」

 ベアトリーチェの作ったゲーム盤はベアトリーチェのみが自由に操作できる世界なんだと思ってたけど、今回の様子を見ているともう一人のプレイヤーである戦人も介入、というかチェスの駒を動かすがごとく、参加させた駒を動かす事の出来る立場って事でいいのかなあ。まあ、ベアトリーチェは戦人とゲームをしているんであって、戦人もプレイヤーであるなら当たり前なんだろうけど…。

「さあて金蔵。そなたの遊びに再び付き合いに来たぞ。今宵のゲームに掛けるコインの用意は充分であろうな?」

 あと、ベアトリーチェがゲームをしている相手は戦人なんだけど、金蔵ともゲームをしてるっぽいのも気になるんだよなあ。金蔵は自分のコマ達がベアトリーチェに勝てるかどうかの勝負をベアトリーチェとしていて、たまたま抜きん出たコマとして戦人が存在しているという事なのか、それとも金蔵と戦人は同格の存在なのか…。いやいや、話が進めば進むほど分らなくなっていくよ!でも面白いんだよなあ(笑)

「分りました。では、姫様を私の弟子にして差し上げましょう」

 それにしても、冒頭の姫様(今のベアトリーチェ?)と薄い青紫色(銀髪かな?)の髪を持つベアトリーチェの関係が気になるなあ。師匠と弟子って事だけど、なんか罠にはまった感じがするんだよなあ。穏やかなイメージだけど怪しくてさ。案外今のベアトリーチェは、金蔵によって束縛されたんじゃなくて、この宣言によって束縛されてるのかもなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■うみねこのなく頃に 特装限定版ゴールドエディション Note.01 [DVD]
■うみねこのなく頃に Episode.1 オリジナルサウンドトラック Essence
■「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.1
■片翼の鳥 志方あきこ OPテーマ (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (39)

ハヤテのごとく! 第241話「アイギスの盾」

ハヤテのごとく! 20巻
少年サンデーコミックス
畑 健二郎

「ワシら三人は共犯者。神の力を求めた重罪人」

 まさか帝、アテネ、姫神の三人が10年前の時点では利害の一致した同盟者だったとは…。

 現在のアテネのセリフや帝の態度からすると、すでに同盟は解消されていて、対立まではいかなくともそれぞれの求めるモノがうまく合致しない状態になってしまってるみたいだけど…。

 恐らく帝は紫子の死が原因で独自の目的を持つ様になったんじゃないかと思うんだけど、もしかして姫神はそんな帝の目的を真っ向から反対して帝に排除されちゃったのかもなあ。225話の時点では姫神が王玉を狙ってナギに近づいた可能性も考えたけど、始めから共犯者だったのならば事情は変わってくるしね。王玉の力も何もかも全てを把握した上で、母を失ったナギの執事として「どんな時もオレがお前を守る」と言っていたんだとしたら、帝の目的がナギに対して何らかの悪影響を与えると判断して、ナギを守る為に帝と対立する事を決断した。って可能性は十分にあるよなあ。常にナギを思い、ナギの為に行動し、そして今でもナギを守る為に暗躍しているんだとしたら…。再び出会った時、ナギはどんな判断を下すのかなあ…。(まあ、ムッチャ悪い奴かもしれんし、想像でしかないけどね^^

「くす…必要ありませんわ」

 そして、アテネは…。アテネは何のために帝を出し抜こうとしているのかなあ。アテネと帝にとっては権力を手中に収めることは大した問題ではないみたいだし、物欲的な理由ではないと思うんだけど…。何かなあ。神の力を帝に使わせない為とか…かなあ。

「ま…お前の受けた罰は少々重すぎだったじゃろうがな…」

 アテネが父と母を亡くし、天王州家を奪われたってのは分ったんだけど…。アテネって実年齢いくつなんだろ…?外見は当時のハヤテと同じ6歳程度に見えるけど、帝とのやり取りを見てるととても6歳には見えないんだよなあ…。ロイヤルガーデンで過ごした時間と、ロイヤルガーデンに囚われた時期が気になるなあ。

 あ、あと、過去編で全てを見下ろすという「天球の鏡」に幼いマリアさんが映っていたけど、あれは帝の周りを映していたってのが正解なのかな?

「いや…それ以上に…最初からそれが目的であったとさえ…」

 ああ…。ハヤテをも疑うしかないとはなんて過酷な…。王族の力はそれ程のモノって事なんだろうけど…。

「人を避け、人を信じず、誰よりも疑り深く慎重に、心も体も鋼のようにして。お父さんとお母さんの残してくれたものを守るために!」

 こうなってくると、アテネにとってヒナギクの存在は思っていた以上に大きいものだった可能性があるなあ。周りが全て甘い汁を吸おうと近寄ってる敵かもしれない中で、唯一普通の友達として接する事の出来た人物。アテネがどれぐらいの距離感でヒナギクと接していたかは分らないけど、正義感が強く真っ直ぐなヒナギクは唯一安らぎを与えてくれる相手だったのかもなあ…。

 ただ、少しいやな予感もするんだよなあ…。ハヤテを疑っている状態で、ハヤテの傍にヒナギクが居る事を知ってしまったら…。最悪な展開としては、アテネが“ヒナギクもハヤテと同じ理由で自分に近づいてきたんじゃないか?”という可能性を考えてしまう事で…。ちょっと怖いなあ…。

 あと、アテネが城を出た後、庭城に訪れた人物がいたらしいけど、もしかして行方不明のハヤテの兄って可能性は無いかなあ。ハヤテが兄にある程度事情(少なくとも入口の所とか)を話している事が前提だけど…。ハヤテ兄はいつ頃に行方不明になったのかなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■TVアニメ ハヤテのごとく!!POSTERS! (大型本)
■ハヤテのごとく! 21巻 畑 健二郎 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (7)

咲-Saki- 第23局「本気」

咲-Saki- 3
[DVD] 咲-Saki-  6
ヤングガンガンコミックス
小林 立 咲 -saki- 麻雀牌 ver.2.0
ムービック

 京ちゃんの夢の通りになったなあ。しかも、残りの一人が先行したキャプテンと和を追いかける展開まで当てるとは…。なんと言う予知能力者!!いろんな超能力者が出てくるアニメだけど、まさか京ちゃんまで能力者だったとは思わなかったよ!(笑)

 あと、清澄つえええ!!試合を見た感じ和、咲、部長の3人が全国に行った可能性だってあったよなあ。たぶん咲と部長が始めっからヤル気全開だったら結果はだいぶ違ったんじゃないかなあ。特に咲は午前も手を抜かずに全力で打っていたら、+270を超えていた可能性だってあった訳で…。

 そんな余力を残したように見える清澄勢だったけど、全国は必死になって戦わないと勝てない様な相手が出てくるんだろうなあ。想像しただけでワクワクしてくるわ~。むおー全国大会みたいっす!!…でも、原作を追い越しちゃってるらしいしなあ。アニメが作られれるとしても観られるのは一体いつになるんだろう^^


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■咲-saki- キャラソンボーカルアルバムVol.2
■咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! ファンブック
■咲-saki- ドラマCD vol.1 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (42)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第23話「戦場の少女」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
【DVD】 ホログラム(期間生産限定盤)
2ndオープニングテーマ
NICO Touches the Walls LET IT OUT(鋼の錬金術師描き下ろしジャケット)
2ndエンディングテーマ
福原美穂

 はぁ面白かった~!!

 ギリギリのラインでの攻防、アクションものとして丁度いいハラハラ感が実によかった!大総統対リンは勝てる見込みが無さそうだし、スカー対エド&アルは作戦の為の制約があったし、戦闘においてはかなり劣勢だったからね~。それが、大佐の仕掛けた情報戦、現場の機転による霍乱がズバッとはまって最後の勝利につながっていく流れはめちゃくちゃ見応えあったなあ。手に汗握る展開とはまさにこの事ですよ!

「貴様のトラップ。悪くなかった。――だがもう使えない。代わりの腕が必要なんだ」

 勝利の為の代償もかなり大きいものがあったけどね…。でも、エドとの戦闘の経験を生かしての勝利は見事だったなあ。リンがエドの前に現れた時はランファンどうなっちゃったの!?って心配しながら観てたんで、余計に彼女の覚悟と決断に熱くなり、そして生存にホッとしたのですよ。ほんと良かった…。動けるようになったら、ウィンリィの所に行くのかなあ。

「無事ですか!?下僕さん!!」

 お嬢ちゃん色々ひでえ(笑)

 しかも、お嬢ちゃんが蹴り飛ばしたマメ男は、あこがれのエドワード・エルリック様ですよ~。まあ、笑撃の出会いだった訳だけど、メイの登場は重苦しい雰囲気を少し和らげてくれたなあ。スカーもメイには気を許している感じだし、もしかするとメイはスカーを闇から引き揚げる役割を持ってるのかもなあ。

 あと、ちっこいパンダのシャオメイ。まさか、アルフォンスが保護する事になるとは…。シャオメイの心理描写に思わず吹き出してしまったんだけど、今後のアルとの関係が意外と気になったり。なんか楽しい関係になりそうなんだよね~(笑)

「今度お前を泣かせる時は嬉し泣きだ!!!」

 あー、たぶんアルフォンスと同じ気分だわ~。とりあえず、エドをからかいたい(笑)


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]  (amazon)
■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1
■ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤) スキマスイッチ

| | コメント (0) | トラックバック (39)

涼宮ハルヒの憂鬱 #24「涼宮ハルヒの溜息Ⅴ」

涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版
 [DVD] 止マレ!
新ED主題歌 涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる 激奏Ver.
1/8スケールPVC塗装済み完成品
Max Factory

「どちらでも構わない」

 キョンが唖然とする様子に思わす笑ってしまった(笑)

 でも、とんでもねー。ネコが喋るぐらいならまだしも、他にも色々だもんなあ…。キョンが自分と一緒に映画を撮る気になってくれていると分っての反応なんだろうけど…。反応は可愛いけど、現象は怖すぎるよ!喜ばせすぎてもダメで、落ち込ませてもダメ。いやはや、ホント厄介な子だなあ^^;

「私の言葉が真実である保証。どこにもないから。――貴方にとっては」

 もう何が何だか。むーん、つまり涼宮ハルヒを廻る現象はほとんど解明できていなくて、全て観測から得られた推測レベルでしかなく統一された見解なんて無いって事か。朝比奈さんの話も古泉の話も含めて、一体何が真実なんだ…。当然彼らは自分が正しいと主張するだろうけど、そんなの分んないしなあ。てか、彼らはそれぞれ別の集団に所属しているって認識があるけど、もしかすると一つの集団って可能性もあるって事になるよなあ…。

「さて、楽しんでいたのは誰なんでしょう?」

 ハルヒが主体なんじゃなくて。キョンの方が主体だって可能性もあるよなあ。ハルヒに能力がある事は事実だとしても、その力の行使者は実はキョンで、キョンが自分で楽しむために使わせている。ただ、その証拠は全くないから、古泉たちも手をこまねいてるって可能性。古泉のこのセリフは探りを入れる、キョンの本音を聞き出す為の言葉だったのかもなあ。

――――――――

 あと、今回は拍手のお返事も。前回の感想にコメントをいただきましたのでお返事をまとめさせて貰いました。みなさんいつもありがとうございますっ!!

> SOS団の他の3人が動かないのはキョンがいるからでしょう。彼が動くのが一番効率がイイ(リスクが少ない)とも思っているはず。

 確かに。彼らの行動は単にハルヒを監視する為の集団ってよりは、何か変異が起きた時にリスクの少ない正解の導き手(つまりキョン)に正解への行動を促す事と、他の過激な手段を行使する者たち(朝倉とか)から正解の導き手を守る為に集まっている同盟者達と捉える事もできますね…。彼らにとっては世界の危機の方が重要で、ハルヒの性格がどんなに悪くなろうとたいした問題じゃ無いって事なんでしょう。というかそれすら、キョンがなんとかするのを待ってる。だから動かない。むしろ、キョン以外のアプローチを認めていないって言っていいかもしれません。そして、危機の際には自分たちの都合良くキョンを促す為に、様々な情報を開示してくる。……キョンも腹を立てる訳だ…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新ED主題歌「止マレ!」
■涼宮ハルヒの記憶 楽曲ベスト集
■涼宮ハルヒの記録 キャラクターソング集 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (44)

狼と香辛料Ⅱ 第九幕「狼と無謀な商談」

狼と香辛料II【1】
[Blu-ray] Perfect World
ROCKY CHACK
エンディングテーマ 狼と香辛料Ⅴ
電撃文庫
支倉 凍砂

 溜めてた録画を連続してみていたんですが…。録画を失敗していた…。がーん。かなりショック(泣)

 ちぇー。超残念…。第十幕を先に見るかなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■蜜の夜明け 新居昭乃 オープニングテーマ (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

狼と香辛料Ⅱ 第八幕「狼と蠱惑的な旅人」

「丁度今ふさがっちゃいました。ほら!」

 港町良いなあ。楽しそうなホロを見てると自分も港町に行ってみたくなったよ。なんかおいしそうな物食べてるし、酒場のお姉さんも魅力的だし。あんな感じの看板娘と仲良くなれたら楽しいだろうなあ。ロレンスみたいに気の利いた返答なんてできないけどね(笑)

 しかも、二人のやり取りがまた面白くてね~。ちょっとした攻防みたいな感じでさ。お酒の代金に情報料が上乗せされてるんだろうけど、この辺の描写は相変わらず上手いなあ。

「俺は五度目の時だった…」

 アロルドとの会話も実に楽しかったんだけど、エーブとの会話がまた楽しくて楽しくて。エーブはめちゃくちゃ怪しいんだけど、警戒するロレンスとの距離を上手く縮めていく手腕は実に見事。とはいえ、ロレンスも警戒を全てといている訳じゃなさそうで、商人同士のちょうどいい距離感を保とうとしているって感じかなあ。

 エーブの接近は意図があるんだかないんだか分らないけど、今後が楽しみだなあ。ロレンスって望むと望まないとにかかわらず、厄介事が降りかかってくるのが運命みたいだからさ(笑)


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■蜜の夜明け 新居昭乃 オープニングテーマ (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (23)

うみねこのなく頃に 第11話 EpisodeII-VI back rank mate

うみねこのなく頃に Note.01
Blu-ray 初回限定コレクターズエディション うみねこのなく頃に Episode1(上)
講談社BOX
竜騎士07 la divina tragedia~魔曲~
EDテーマ
じまんぐ

「こんな一方的なワンサイドゲーム。退屈ね」

 戦人に勝ち目がない様に見えたけど、やっぱあれじゃあ勝てんよなあ。ベルンカステルの本格参戦で状況は大きく変化しそうだろうけど、魔女の戯れに戦人たちが翻弄されているだけの様にも見えるんで、予断は許せない感じだよなあ…。

「俺が屈する訳にはいかねえんだ!楼座おばさんが粘ってくれたおかげで、再び戦う気力を取り戻せたぜ!!」

 あと、戦人が復活した時に思ったんだけど、マリアが言っていたベアトリーチェの抱えるリスクってのが今後のカギになってくるような気もするなあ。このゲームは基本的に戦人とベアトリーチェの勝負なんだけど、ベアトリーチェは戦人だけではなく他の登場人物たちも屈服させなければならないんだよね。だから、ベアトリーチェは執拗に彼らを屈服させようと動いているんだけど、逆に考えると彼らが自らの意思を持って理不尽に対抗しようと動き始めてしまわない様に強引に抑えつけている様にも思えるんだよね~。彼らは戦人と同じ様な形で意識的にゲームに参加している訳じゃないんだろうけど、ただのコマではなく戦人と同じレベルでベアトリーチェのゲームに参加しているって言っていいのかも。そして、もし、彼らの意思が纏まって戦人を手助けできる様になれば、ゲームの根底を崩せる可能性もあるんじゃないかなあ…ってね。

 あとは…。ベルンカステルがどんな形でゲームに影響を与えていくのかだよなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■うみねこのなく頃に 特装限定版ゴールドエディション Note.01 [DVD]
■うみねこのなく頃に Episode.1 オリジナルサウンドトラック Essence
■「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.1
■片翼の鳥 志方あきこ OPテーマ (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (27)

ハヤテのごとく!! 第24話「Distance」

ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版]
[Blu-ray] カラコイ~だから少女は恋をする [初回限定盤]
新エンディングテーマ
三千院ナギ&綾崎ハヤテ starring 釘宮理恵&白石涼子 daily-daily Dream <通常盤>
新OPテーマ
KOTOKO

「で、でも、その…大事な話が…」

 観覧車を目の前にして必死なヒナギクさんかわいい。意地っ張りだから怖いとか言えないしなあ。観覧車に乗ってからも強がって無理しなければいいのに、ホントなんて負けず嫌いなんだ(笑)

 て言うか…、ヒナギクかわええええええええ!!!!!今回はヒナギクのリアクションがいいちいち可愛くてめちゃくちゃ良かった。西沢さんもとっても素敵だったしホント良い回だったなあ。

「ていうか、なんでそんなに笑って…!私は、あなたを裏切って…!!」

 観覧車の中での告白は、ヒナギクにとっては重大な、自分の正義感に反する様な事実が、西沢さんにとっては全然大した事の無い当たり前の事だったりと、同じものを見ていても、それぞれが歩んできた人生、積み重ねた経験、見る角度によって大きく変わってくるって事がはっきり示されていて実に面白かった。二人の人となりの差がホント良く出てるシーンだったなあ。

「そのうち私が、口説き落としてみせちゃおかなって♡」

 西沢さんは随分落ち着いた女の子になったなあ。最初の頃は普通の女の子らしい弱さを見せていたけど、ずいぶんと成長したなあ。たぶん一度振られた経験と、それでも仲良くしてもらっている事実が、今の西沢さんの安定した態度に繋がってるんじゃないかなあ。ありのままの自分でいでいても大丈夫なんだと分ったから。ハヤテ君を好きでいても友達でいられたから。まだ振り向いてはもらえていないけれど、ハヤテ君との楽しい日々があるから。そんな毎日の経験が、西沢さんに自信の様なものを与え、落ち着いた態度を取る事ができる様にさせているんじゃないかな。

 それと、自分以外にハヤテの事を好きな人物がいる事を知ってるってのも大きいかなあ。誰かが誰かを好きになるなんて当たり前の事だし、友達と同じ人を好きになる事もあるって知っている。お互いに恋敵だと認識しているナギとも仲良くなれたし、そもそも西沢さんにとっては素敵なハヤテ君を好きになる事は当たり前で、それほど特殊な事じゃ無いってのもあるかなあ。

「怖いわ。でも…悪くない気分よ」(13話)

 ヒナギクは悔しいから告白しないと言って西沢さんに呆れられていたけど、負けず嫌いの面だけじゃなく、自分の行動によって関係が変わってしまう事が怖くて怖くて仕方がないから、伝えられないってのはあるんでしょうね。過去の経験が怖さの原因ではあるけど、そこから一歩踏み出すには、何かしらの切っ掛けが必要になってくるんじゃないかなあ。たそえば今回西沢さんに自分のハヤテへ想いを告白する決意をした様な…ね。(まあ、西沢さんにとっては全然裏切りじゃなかったけど^^)ヒナギクはこの辺のせめぎ合いの描写が、めっちゃいいんだよなあ。今後も萌え萌えしたいんでハヤテ君への想いと葛藤をぜひ見せてほしいけど…次回で最終回なんだよなあ(3期やって欲しいなあ…

「同じ空を見ている」
「見上げる場所はお互いそれぞれ違うけど」
「今は…」
「同じ空を見ている」

 今回ヒナギクと西沢さんの認識の差が描写されていたけど、ハヤテとナギの間にも大きな認識の差があるんだよなあ。ナギの誤解もなんだけど、ナギとハヤテの人生の差による様々な意識の差が意外と危ういモノになるんじゃないかって心配で…。今のところ雇主と使用人という枠の中で比較的アバウトな距離感で関係を保っているから大きな問題は起こっていないけど、特にお金に対する認識の差がなあ。ナギにそんなつもりはないだろうけど、事実上ハヤテは1億5千万円で縛られている訳だし…。もちろん、ハヤテもお嬢様を本当に大切に思っているだろうし、お金の為に執事をやっている訳じゃないだろうけど、ハヤテがお嬢さまの為に全力と尽くしたとしても、捉え様によっては全て1億5千万の為だと認識される可能性だってある訳で…。この場合、ナギが借金をチャラにしても、結局ナギに1億5千万の借りがあるのは変わらないから、メッチャ厄介なんだよなあ。他の人物の手を借りたとしても結局状況は同じだし、ハヤテ自身の力で0にするしか無いんだよなあ…。まあ、今のところ関係は良好だし全然問題無いけど。

 ただ、ナギとの関係にしろ、女の子達の恋愛模様にしろ、全てハヤテが自分の意思を見せず、状況をこう着させているから安定しているってのはあるんだよなあ。ハヤテが自分で行動し始めた時、オアシスの様な今の関係が一体どうなってしまうんだろう…。ナギはマリアさんを例に挙げて未来の心配をしていたけど、いずれは違う空を見る様になる可能性もあるのかなあ…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■ハヤテのごとく! 20巻 畑 健二郎
■ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版] [DVD] (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (24)

大正野球娘。 第十話「私は何をする人ぞ」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産)
[Blu-ray] 浪漫ちっくストライク
オープニングテーマ 大正野球娘。~乙女達乃青春日記~(限定版) 
5pb. 
プラットフォーム:   Sony PSP

 今回も密度の濃い充実した30分だったな~。今回のお話の核となる鏡子の成長を描いた物語も良かったんだけど、それ以外にも細かな人間関係の描写や、ギャグ描写など様々な要素がギュッと詰め込まれていて観ていて実に楽しかった!!ホント良い作品だよなあ~。

「鏡子。私に騙されたと思って、あすの朝一番、もう一度この河原に来てごらんなさい。貴女に必要なものがありますよ」

 そして、アンナ先生が相変わらず素敵。普段の指導もしっかりしてるけど、一人一人に合わせた焦らない指導方法がとってもいいんだよなあ。しかもこの時『何を見せるつもりなんだろう?』って思いながら観てたんで、ランニングする小梅と晶子さんを観た時には軽い感動が駆け抜けましたよ~。すごくベタな展開なんだけど、そこがまた素敵。さすがアンナ先生!惚れるわ~^^

 野球の指導も一つ一つ丁寧に描かれていたのもあって、地道な練習風景も観ていてとても気持ちがよかったしね。しかし、みんなホント上手くなったなあ。

 という訳で、今回は頑張って空回りする鏡子が可愛かったんだけど、他の子たちも生き生きと描かれていたんで見所満載で大変満足なのでした。巴に向かってにやりと微笑む晶子さんとかね(笑)面白かったーー!!


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■大正野球娘。 第1巻 [DVD]  (amazon)
■「大正野球娘。」音楽集
■「大正野球娘。」ドラマCD

| | コメント (0) | トラックバック (29)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話「遠くの背中」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1
[DVD] ホログラム(期間生産限定盤)
2ndオープニングテーマ
NICO Touches the Walls LET IT OUT(鋼の錬金術師描き下ろしジャケット)
2ndエンディングテーマ
福原美穂

「この右腕が分解、左腕が再構築――」

 なるほどなあ…。スカーの過去が判明した事で錬金術を使えるにもかかわらず分解しか使わない理由がハッキリしたけど…。しかし…恐ろしく凄惨な過去だな…。こんな過去を背負っていたら、そりゃあ復讐に生きていくしか無くなるよな…。憎しみの連鎖がどうのって言われても、未だに彼らが差別されている状況を考えると、無茶言うなよ…って感じだよなあ…。さすがに…。

「東の練丹術を研究し私なりにアレンジした。その上で分った事なんだが、どうもこの国の錬金術はおかしい」

 二つの民族の間に憎しみを生み出したのが今の大総統で、つまりはホムンクルスの計画によるものなんだとしたら、なんともやりきれないよなあ…。彼ら双方にとっての本当の敵はホムンクルス達なのに…。この国の錬金術を歪めたのもホムンクルス達(の父上?)なのであれば、兄者がスカー託した研究書が今後大きなカギになっていくのかなあ…。

「お前の手は人を殺す手じゃ無い。人を生かす手だ。だから――」

 スカーの兄の言う右手と左手。エドにとってスカーは失った右手の象徴で、ウィンリィは残った左手の象徴なのかもなあ。エドは二人を通して自分の持つ二つの力を再認識していくのかも。エドがタッカーに突き付けられた苦悩を打破し前に進んで行く為には、いずれスカーを御するほどの力(物理的にではなく)が必要になってくるのかもね…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [Blu-ray]  (amazon)
■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1
■ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤) スキマスイッチ

続きを読む "鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第22話「遠くの背中」"

| | コメント (2) | トラックバック (28)

ハヤテのごとく! 第240話「君への想いを」

ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版]
[Blu-ray] 「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 07
橘ワタル&貴嶋サキ with ソニア・シャフルナーズ
 starring 井上麻里奈&中島沙樹 with 堀江由衣 「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 08
愛沢咲夜&鷺ノ宮伊澄 starring 植田佳奈&松来未祐

「はい。たぶんそうだと思います」

 あれ?たぶんなのか…。

 ん~。なんとなくハヤテの意識にズレを感じるというか、好きの意味がヒナギクのそれと微妙に違う気が…。前回、自分にとってのアテネが他の人とは違う存在だと気が付くシーンにナギがいなかったけど、あれはナギが他の人と比べる様な存在ではないって事を示していたんだろうけど、同時にアテネがナギと同格の存在だったって事を表現していたのかもしれないなあ。――今の自分が存在できるのは彼女がいたから。それぐらい彼女は僕にとって大切な人――って事だけれども、この彼女の部分はナギでもアテネでも当てはまるしね。

 その上で考えると、ハヤテの言う好きは、感謝や恩義といったモノを示したものか、もしくはそういった思いを好きだと誤解して出てきたものの可能性もあるのかも…。もしかすると、好きってよりも、敬愛って言葉の方が近いニュアンスなのかもね。もちろんこれはあくまでハヤテの認識の問題であって、ハヤテが好きだと思っている以上は、障壁が無いのであればアテネと恋仲になる可能性が充分にあるレベルの好意だと思うけど。ハヤテと二度目の再会でアテネはどんな態度を取るのかなあ…。

「い…!!いや…!!話を聞くから10秒待って!!」

 泣きそうなになる自分を抑え、心を落ち着けようと懸命な様子がいじらしい。ハヤテの話を聞いている最中もほぼ後ろを向いたままなんだよなあ。やっぱ泣きそうな顔を見せたくなかったのかなあ。ハヤテの悩みを聞いている時に泣くようなまねは出来ないって意地もあったろうし…。つか、今回はホントヒナギクらしい態度だったなあ…。想いを抑えてアドバイスする様子とか、めちゃくちゃ切ないけど…。

 しかし、ヒナギクがハヤテの過去を知った事で今後にどう影響が出てくるのか…。なんとなくだけど、ヒナギクがアテネの態度に怒るといった様な展開がある様な気もするなあ…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■TVアニメ ハヤテのごとく!!POSTERS! (大型本)
■ハヤテのごとく! 21巻 畑 健二郎 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (11)

咲-Saki- 第22局「約束」その2 天才と秀才

咲-Saki- 3
[DVD] 咲-Saki-  6
ヤングガンガンコミックス
小林 立 咲 -saki- 麻雀牌 ver.2.0
ムービック

 咲と和の二人が気になったので追加です。。

「ありがとう原村さん。気付かせてくれて」

 今回、咲は和にやっぱり怒られたけど、咲は和が怒っている原因を根本的には分って無い気がするなあ。

 和は麻雀で絶対に負けたく無いという事を態度で示すし、勝利の為にはこうあるべきだと信念を持った麻雀を心掛けているけれども、咲にはそんなものは全然無くて、そもそも麻雀自体で勝つ事に対して全く拘りを持ってい無いんだよねえ。いや、というよりは勝つ事に拘る事自体理解できていないと言った方がいいのか。たぶん、蛇口をひねれば水が出てくるがごとく勝利できる咲には(相手に気押されされて蛇口に手を伸ばせない事はあるけど)、勝利の為にと必死になる理由が良く分らないんじゃないかなあ…。もちろん勝ちたくないと思っている訳じゃ無くて、試合(麻雀では無く)に勝つことは目指しているし、勝つ事は楽しいみたいだけど。

「うううん。違うよ。相手が原村さんだったから。原村さんがいたから、家族が相手の時と全然違う感じでとても難しかったし―――そして――楽しかった」(2話)

 じゃあ、なんでプラマイゼロなんてしちゃうかというと、幼い頃からの刷り込みもあるだろうけども、咲にとっての麻雀は基本的に誰かに喜んでもらう(反応してもらう)ための手段で、コミュニケーションの為のツール以上の価値を持っていないからそういう事が出来ちゃうんじゃないかなあ。あくまで基準は他人で、例えば、家族の機嫌が悪くならない様に、和が喜ぶから、和が怒るから、部長の最後の個人戦だからといった様な理由の為の麻雀を打つ。大切なのは相手の反応で、麻雀の結果はどうでもいい。咲が麻雀を楽しいと感じる根源もそこにあるんじゃないかな。一応、お姉ちゃんに会いたいという事と強い相手と対戦したいという動機は自分の為の理由だけど、それでもやっぱり麻雀自体は重視していない感じなんだよなあ。

「当たり前じゃないですよ!!」(4話)

 それに対して和はどんな相手であろうと常に勝つ事に拘りをみせるし、勝利のためならばどんな努力も惜しまないといった姿勢で麻雀と接してるんだよね。家庭の事情も色々とあるみたいだし、友達の為との理由も付けているけれども、和にとってはあくまで麻雀を打つ事が中心で、麻雀での勝利を目指し自分の為の麻雀を打ってる。大好きな麻雀を本当に大切に思い、一つ一つ経験を積み重ねて上を目指している和からすれば、咲が手を抜いて麻雀を打っていればそりゃあ腹も立つ訳で。勝とうとしない姿勢がそもそも理解できないし、何やってんの!!ってなるよねぇ。(ちなみに自分は「宮永さん…」って言って頬を赤らめてる和よりも、プロであろうと一歩も引かない負けん気の強さを見せる和の方が好きかなあ)

 他人の為の麻雀と自分の為の麻雀。天才と秀才。麻雀を道具としている子と、麻雀を愛している子。上手くいってるけど、微妙に噛み合わない印象があるのはその辺に原因があるのかも。

 あと、咲は幼い頃の麻雀は楽しかったって言っていたけど、その麻雀での楽しい記憶は、幼い咲が麻雀を打つ事で周りの大人たちが喜んでくれたから、嬉しかったり楽しかったりしたんじゃないかなあ。それが、ほどほどの麻雀だったなら、そのまま楽しい時間が続いたんだろうけど、あまりにも超人的な麻雀を打ち続けてしまって、家族がぎくしゃくし始めてしまったとか…。第20局その2でも書いたけど、特に姉に悪い影響を与えてしまって…とかね。自分に勝てない事を悔しがって挑もうとした和を気に入った様子からすると、もしかすると照は和と似たタイプだったのかもなあ…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■咲-saki- キャラソンボーカルアルバムVol.2
■咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! ファンブック
■咲-saki- ドラマCD vol.1 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

咲-Saki- 第22局「約束」

咲-Saki- 3
[DVD] 咲-Saki-  6
ヤングガンガンコミックス
小林 立 咲 -saki- 麻雀牌 ver.2.0
ムービック

 いきなり海のシーンから始まるんで何事かと思えば…。京太郎アホな夢見すぎ!!いやあ、笑った笑った。特番で1週休みだったからサービスなのかわからんけど、京太郎ってホント視聴者の為に存在してるキャラだよなあ(笑)

「おかしいじょ。いくら南場だからってこうも一方的にやられるなんて!!」

 新キャラの南浦数絵はむっきーの言っていた通り、ってか名前の通り南場に強い打ち手なのね。今回は優希との対戦で顔見せって感じだとは思うけど、やっぱ咲と最後の卓で対戦するのかなあ。他のメンツは和とキャプテンあたりかしら。

「4回戦が終了。この時点で総合トップは見事な打牌で…」

 本戦開始時の映像にも出てけど透華も生き残ってるじゃん!!しかも4位!!!これは期待できますね~。いやあ、楽しみ楽しみ!

「ここからはステルスモモの独壇場っす!」

 部長の策を龍門渕の智紀とモモが示し合わせて打ち始める流れは見応えあったなあ。部長は麻雀に勝つ為に色々と仕掛けてくるから、ホント観てて楽しい打ち手だなあ。にしても…モモの能力は相変わらずすげえ!分っていても認識できなくなるモモの能力に打ち勝つには、モモがテンパイする前に上がるしかないけど…。部長も咲もどう対処するんだろ…。やべえ、次回が超楽しみ!!


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■咲-saki- キャラソンボーカルアルバムVol.2
■咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! ファンブック
■咲-saki- ドラマCD vol.1 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (43)

涼宮ハルヒの憂鬱 #23「涼宮ハルヒの溜息Ⅳ」

涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版
 [DVD] 止マレ!
新ED主題歌 涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈みくる 激奏Ver.
1/8スケールPVC塗装済み完成品
Max Factory

 かくしてハルヒは世界との距離を知る。

 そんな話だったなあ。しかし、キョンがいなかったら、ハルヒはどこまで暴走し続けたのかって考えると…怖えぇなあ…^^;

「とにかく!!反抗は許さないから!!」

 ただ、ちょっとだけ気になったのは、ハルヒの傍若無人な振る舞いはSOS団の存在が拍車を掛けてるんじゃないかって事。ハルヒの能力の暴走を恐れるあまり、ハルヒが何を言おうと逆らえない存在がいるため、ハルヒは益々調子に乗って無茶な事を言い出す。それでも逆らえない。それこそ神の様に振る舞わろうとも…ね。もしキョンがいなかったら、どんどんとエスカレートして、最終的には誰もハルヒの要求に答えられなくなる可能性だってあるかもしれない。

 ハルヒの能力を知らない人間が近くにいたのなら、普通の付き合いが出来たかもしれないし、多少の軋轢はあったかもしれないけどハルヒも世界との付き合い方を普通に学べたかもしれない。SOS団はそんな機会を奪ってるのかも。

 まあ、SOS団はハルヒによって集められてしまった集団だからどうしようもなかった面もあるけどね。……あ、ハルヒがSOS団を集めたのってキョンが原因だったような…。なんつーかあれだね。トリガーを引いちゃった以上、ハルヒに影響を与えられる唯一の人物として責任とるしかないよなあ…。世界が重かろうと。えーと、キョンくん御苦労さま、って言いたい^^;

「もう少し他に言い様は無かったのですか?」

 めちゃくちゃだけど、ほんと分りやすい子だなあ(笑)


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新ED主題歌「止マレ!」
■涼宮ハルヒの記憶 楽曲ベスト集
■涼宮ハルヒの記録 キャラクターソング集 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (40)

ハヤテのごとく!! 第23話「僕たちの行方」

ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版]
[Blu-ray] カラコイ~だから少女は恋をする [初回限定盤]
新エンディングテーマ
三千院ナギ&綾崎ハヤテ starring 釘宮理恵&白石涼子 daily-daily Dream <通常盤>
新OPテーマ
KOTOKO

「お嬢さまは、お祝いに行かなくていいんですか?」

 初めてのバイトで疲れてしまっておねむなナギが可愛い。仕事で身体を動かした事もあるだろうけど、ハヤテと西沢さんがいたとはいえ初めてのバイト、しかも接客って事で結構気が張ってたんだろうなあ。そして、ハヤテがそんなナギの手を引いてお屋敷に返る様子が、お嬢さまの守護者たる執事、というかお兄ちゃんぽくて実に良い。ホントハヤテはナギの事を可愛がってるよなあ。

「この学校、生徒に運営を任せすぎじゃないかしら…」

 白皇の生徒会長はそこまでやるのか。なかなかハードだな^^;

 1期と変わってないんであればだけど、トップのキリカがあれだもんなあ。あのキリカが存在しないんだとしても、少なくとも教師に雪路や牧村先生がいるぐらいだし、基本的に型破りな所のある校風なんだろうなあ(笑)まあ、ハイレベルな高校らしいし、もしかすると特に優秀な人材には早いうちから実践レベルでの育成をする方針があるのかもしれんけど。

「い、いかーーん!!愛歌さんの目が、Sモードに入っている!こ…これは、イジめられるぅ」

 ハルさんかわいい(笑)

 今回はハル子の見せ場が盛りだくさんだったな~。冷静だったり、ミステリアスだったり、テンパったりと様々なリアクションをみせてくれるハル子はみてて楽しいキャラなんで大好き。愛歌さんと千桜の力関係もなんかいいね。家のピンチにも動じなかった千桜があそこまで慌てるなんて…。きっと、いつも可愛がられているんだろうなあ。

 それにしても、千桜→ハルさんって、マリアさんの変装と違って雰囲気も変わるんでかなり別人っぽいんだけど、やっぱ知り合いにはバレるレベルではあるのか。まあ、バレバレな変装でもバレないマンガもあるけど、意識して化粧でもしてない限り普通はバレるよなあ(笑)

「ウチは自分のそーういうトコ…けっこうスキやけどなあ」

 咲夜とワタルの微妙な距離感がいいなあ。幼馴染で姉と弟みたいなもんだし、普段も大して意識なんてしないんだろうけど、ふとした切っ掛けで男の子女の子を感じてしまったり…。いやぁ可愛いねえ。つか、ワタルって何気に脈のありそうな子多いんだよなあ。サキさんはもちろんだけど、妙に気に入られちゃったシスター、許嫁のナギ(二期では描写ないけど)、そして咲夜。ハヤテにも引けを取らないハーレムっぷりだよなあ。本命の伊澄には全然相手にされ無いのに^^;

「けど、お前の誕生日だろ。だから…。はい、これプレゼント」

 ヒナギクの誕生日の時も思ったけど、相変わらずハヤテ以外にはツンデレだなあ(笑)

「この後、私と一緒に夜桜でも見に行かない?――そこで少し、大事な話があるの」

 今回色々と密度が濃かった今回。沢山のキャラクターがそれぞれ魅力を発揮してくれて、見応えの有るホント充実した30分でした!楽しかった~。そして、ついにヒナギクが西沢さんにハヤテへの想いを告白するのか!!ってところで引き!いい所で終わるなあ。次回も超楽しみです!


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■ハヤテのごとく! 20巻 畑 健二郎
■ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版] [DVD] (amazon)

| | コメント (4) | トラックバック (27)

大正野球娘。 第九話「誤解の多い料理店」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産)
[Blu-ray] 浪漫ちっくストライク
オープニングテーマ 大正野球娘。~乙女達乃青春日記~(限定版) 
5pb. 
プラットフォーム:   Sony PSP

「えーと、三番岩崎荘介。打席では慎重。初球から手を出さない…」

 乃枝の資料すげえ!!ここまで細かく調べて資料化するとか、かなり大変だったろうに…。人使いは荒いけどホント頼りになるなあ。直接現場で情報収集した記子もナイスサポートとしか言いようがない。

 しかも、みんな野球かなり上達してるんだけど、さらなる勝率アップの為に一つ一つのプレーを追及する乃枝の貪欲な姿勢は素晴らしいね!今回も練習が終わったあとに細かいプレーの確認をしてたけど、ホント一日中野球の事考えてるんだろうなあ。

「ただ…ただ僕はお嬢さんが本気かどうか、それだけが知りたいんです」

 まあ、その熱心さのおかげで小梅が妙な誤解をされちゃうんだけど…。

 つか、三郎可愛すぎだろ!^^;

 三郎に認めてもらえたと思って、嬉しさ大爆発でデレまくり中の小梅も(笑)

 あと、小梅と三郎は最後のシーンが良かったなあ。手を繋ぐのが恥ずかしくて、ハンカチで手を引いてもらうとか…。いや、もう、ニヤニヤしちゃってダメだよこれ!(笑)

「お前は少し黙っていろ」

 しかし、高原はお邪魔虫だなあって思ってたけど、段々とうざ面白くなってきた。あの、空気の読めない感じがなんとも言えない(笑)

 小梅と三郎の距離を縮めるのに一役買ってるともいえるしね。全く本意じゃないんだろうけど^^でも、事実を知っても高原なら素直に祝福しそうな気もするなあ。

 という訳で…今回も面白かった~。1話1話で完結した面白さを毎回安定して提供してしくれる、素直な作りがとっても観やすいホント良い作品です。次回も楽しみ!


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■大正野球娘。 第1巻 [DVD]  (amazon)
■「大正野球娘。」音楽集
■「大正野球娘。」ドラマCD

| | コメント (0) | トラックバック (29)

うみねこのなく頃に 第10話 EpisodeII-V accept

うみねこのなく頃に Note.01
Blu-ray 初回限定コレクターズエディション うみねこのなく頃に Episode1(上)
講談社BOX
竜騎士07 la divina tragedia~魔曲~
EDテーマ
じまんぐ

 うわあ。戦人おされてるなあ。謎を追及する勝負はまだしも、戦人の大きな家族を人質に取られてるようなもんだし、しかもその家族たちが過酷な運命に翻弄される様子を延々と見せ続けられてるんだもんなあ…。たとえ今回の勝負がつかないとしてもさすがに…。いくら頑固で強気な戦人でも精神的に耐えられるとは思えないよなあ…。

 というか、始めから詰んでる形で勝負を挑んでる様に見えるなあ。何しろゲーム盤はベアトリーチェの掌の上なんだし…。

 この状態から戦人の逆転はあるのか…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■うみねこのなく頃に 特装限定版ゴールドエディション Note.01 [DVD]
■うみねこのなく頃に Episode.1 オリジナルサウンドトラック Essence
■「うみねこのなく頃に」キャラクターソング vol.1
■片翼の鳥 志方あきこ OPテーマ (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (25)

ハヤテのごとく! 第239話「Silky heart」

ハヤテのごとく!! 2nd season 02 [初回限定版]
[Blu-ray] 「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 07
橘ワタル&貴嶋サキ with ソニア・シャフルナーズ
 starring 井上麻里奈&中島沙樹 with 堀江由衣 「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 08
愛沢咲夜&鷺ノ宮伊澄 starring 植田佳奈&松来未祐

「もう――思い出せなかった―――――」

 やはりこうなるのか…。お互いが自分の悩みで一杯で、お互いの想いを察せられない状況で告白しようとしても上手くいかないのは道理だよなあ…。

 ハヤテがアテネを好きな人だと告白するとは思わなかったから、ヒナギクの受けた衝撃は想像以上だったけど…。ただ、状況的には少し前のハヤテの状況により近づいた感じはするなあ。

 相手の想いが自分とは違う所にある。それでも自分はどうしたいのか。答えを出せるのか。

 今回ハヤテは自分の気持ちに整理を付け、アテネへの想いを認識する事が出来たけど、ヒナギクはどうするのかなあ…。

「他の人とは違う――――僕にとっての彼女は――――」

 しかし、ここに描かれたキャラの中にナギがいないのはなんでかなあ。お嬢さまはあくまで別格な存在って事なんだろうけど、少し気になるな…。

 ってか、ハヤテとアテネって両想いじゃん!!

 ただ、アテネの覚悟も本物っぽいから、ヒナギク以上にハヤテに立ちふさがる壁は大きいだろうなあ。帝とアテネとの対立?もあるし、王玉の事もあるから、当然お嬢様にも関わってくる事だし…。

 アテネを求めれば、ナギとアテネどちらを選ぶのか選択しなければならない事態に直面するだろうしなあ。究極の選択だけど、ハヤテがお嬢さまを捨てることはあり得ないし(というかそんなハヤテは、ハヤテじゃ無い。…けど、選択を失敗してそこから這い上がる物語ってのもありかなあ…まあ、ハヤテのごとく!じゃ無い気もするけど^^;)、ハヤテの両親にあれだけの怒りをみせたアテネがお嬢さまを見捨てる様なハヤテを許すとも思えないし…。なんか、状況的には八方塞の様な気もするなあ…。

 後は、アテネが目的を放棄する可能性がどれぐらいあるかだけど…。相変わらず、何のためにロイヤルガーデンを目指しているかは分らないけど、ハヤテとの決別を決めるぐらいの覚悟なんであれば、やはり可能性は低そうだよなあ…。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■daily-daily Dream!! <初回限定盤> KOTOKO 新OPテーマ
■カラコイ~だから少女は恋をする~[初回限定盤] 三千院ナギ&綾崎ハヤテ 新EDテーマ
■ハヤテのごとく!! 2nd season オリジナル・サウンドトラック (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (17)

鋼の錬金術師 FULLMETALALCHEMIST 第21話「愚者の前進」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1
[DVD] ホログラム(期間生産限定盤)
2ndオープニングテーマ
NICO Touches the Walls LET IT OUT(鋼の錬金術師描き下ろしジャケット)
2ndエンディングテーマ
福原美穂

 うおおおおお!!めちゃくちゃおもしれええええ!!!

 敵味方双方が一手一手打っていく様子が、テンポ良く進んで片時も目が離せない!!しかも、敵も味方もめっちゃカッコ良いんだよなあ。ホムンクルスの所業は許せないものがあるけど敵役らしい存在感を強く感じさせてくれるし、覚悟を持って前進し続ける大佐、一族の命運を背負ったリン、復讐に突き進むスカー、そして我らが主人公エド!それぞれが交錯し対峙する今回はもうワクワクするしか無いじゃないですか!!

 いや、ホント密度のある30分だったなあ。

 あと、ちょっと気になった点が2つほど…。

■ホーエンハイム
「心配するな。彼の事は父上から任されている」

 !?

 大総統のセリフの後にホーエンハイムのアップになったけど…やっぱ父上なのかなあ。そこまでいかなくても、分れていても同一の存在(ピッコロと神様みたに)だとか…?ホーエンハイムはピナコの写真からすると普通の人間じゃない事は確実みたいだし…。うむむ…。

■メイ・チャン
 スカーがセントラルに現れたって事は、メイもセントラルに到着したって事だと思うんだけど…。華麗に人々を救うエドワード・エルリック様との邂逅はあるのかなあ。なんか色々な意味で楽しみな(笑)


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [Blu-ray]  (amazon)
■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1
■ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤) スキマスイッチ

| | コメント (0) | トラックバック (12)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »