« 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話「隠された真実」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第224話「女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事」 »

戦場のヴァルキュリア 第七章「ダルクスの災厄」

戦場のヴァルキュリア 1
[DVD] 明日へのキズナ
HIMEKA
オープニングテーマ

「素直でよろしい。女は素直なのが一番だ。がはははははは」

 公国に人物なし!やっぱ、戦争が強い国ってわけじゃないみたいだねぇ。中立国として独立を保ち、その上あそこまで呑気になれる状況を作ったって事は、やっぱ政治家(公国って事は公?が政治の中心かねぇ。どんな人物なんだろ…)が優秀で、特に外交に長けた国だったんだろうね。ただ、危機感を植え付けられなかったという点で、内政的には失策なのかもしれないけど。

 うーん、それともダモン将軍だけが無能な将軍で、それ故に無能な部下を押し付けられてるだけとか?貴族中心の部隊だから、妙に発言力があって困ってるとか、そんな感じか。他の将軍は出てくるのかなあ。

「第一!ダルクス人のいる小隊なんて!」

 イサラ最高。嫌味を言われても全然動じない態度が実に素敵。そっけない態度がいいんだよなあ。たぶん、兄さんとエーデルワイス号の事以外は完璧にどうでもいいからなんだろうねぇ。となると、ラマールに脈はあるかというと…^^;

「まったく新しい碑文が現れたんだ!!これで、ヴァルキュリア人の謎が判明するかもしれない!歴史が大きく一歩前進するんだ!!」

 ファルディオはそれほど好きでも無かったけど、今回のエピソードで結構好感度上がったなあ。自らの研究対象に見せた情熱が実にいい。向こう見ずな所はあるけど、熱い心っていいねぇ。

 あと、アリシアの接触によって扉が開いた様にも見えたけど、もしかしてアリシアもヴァルキュリア人の末裔だったりするのかなぁ?


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■明日へのキズナ HIMEKA オープニングテーマ
■アノ風ニノッテ(初回生産限定盤) pe’zmoku エンディングテーマ (amazon)

|

« 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話「隠された真実」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第224話「女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

戦場のヴァルキュリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/45067346

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場のヴァルキュリア 第七章「ダルクスの災厄」:

» ◎戦場のヴァルキュリア第七章「ダルクスの災厄」 [ぺろぺろキャンディー]
またも、正規軍ダモン将軍のいやがらせによって、第3中隊は戦略的には価値のないバリアス砂漠の偵察を命じられた。苛立つラマールをよそに、この状況を楽しむことにしたウェルキンとファルディオ。アリシアとイサラも共に、これを機にダルクスの災厄にまつわる遺跡の調査...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 12時25分

« 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話「隠された真実」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第224話「女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事」 »