« バスカッシュ! #03「デストロイ・デストロイ」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第三章「第7小隊誕生」 »

ハヤテのごとく! 第221話「ビーチに来たからにはやる事がある」

ハヤテのごとく!19巻
畑健二郎 「ハヤテのごとく!」白皇学院校内放送CD2 ハヤテのごとく! ナイトメア パラダイス(特別版)
コナミデジタルエンタテインメント
プラットフォーム:PSP

「ヒナギクさんは・・・・・・・・・とってもか弱い女の子に決まっているじゃないですか!!」

 ヒナギクの中では“ハヤテの好み=か弱い女の子”って図式があるみたいだし、このセリフはかなりヤバ目の墓穴だよなあ。ハヤテの前では、か弱い女の子でありたい、そういう認識のままでいて欲しいって思ってるだろうしねぇ。以前、心優しい女の子になるって決めた時も、周りの子たちが恐ろしがるほど変な子になってたしなあ・・・。強い子だって思われたくない演技派のヒナギクさんなら、絶対か弱い女の子を演じちゃうだろうなあ。ワザとらしいほど見事に(笑)

 にしても、ハヤテもヒナギクに嫌われているに違いない、好かれてる訳が無いじゃないですか・・・って相手の気持ちを誤解していたけど、二人ともお互いの気持ちを誤解しつつも、それでも少しずつ解消されるイベントをこなしてる印象があるんだけど、今回の出来事はどっちに転ぶのかなあ。何となく雨降って地固まる系の流れになりそうな気もするんだけど・・・。たとえば、ヒナギクがもし演技するんだとしら、お互いの期待と現実のギャップが原因でケンカになっちゃってとか、お互いに傷付いてしかもヒナギクを泣かしちゃったり・・・とか。でも、この作品じゃあ、アテネ以外でそこまで重くなりそうな展開はしないかなぁ。んー、あとは、誤解がバレてヒナギク赤面→逃げ出すとか?ってそれじゃ、こないだと一緒か(笑)

 まあ、何にしろ、ヒナギク可愛いという事で、この先はかなーり楽しみ!!・・・なんですが、今週は合併号だから来週は発売されない!!残念すぎる!!2週間は長いなあ・・・。

 と思いながら23号の発売日を確認したら、なんと5月2日(土)の発売でした。3日遅れながらも来週じゃん!なんか結構嬉しいなあ(笑)てな訳で、次回が楽しみです!二人の関係に進展はあるのかなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ〜。

■Wonder Wind(仮) <初回限定盤> ELISA オープニングテーマ
■本日満開ワタシ色! [初回限定盤] 桂ヒナギク with 白皇学院生徒会三人娘 エンディングテーマ
■ハヤテのごとく! 19巻 畑健二郎 (amazon)

|

« バスカッシュ! #03「デストロイ・デストロイ」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第三章「第7小隊誕生」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ハヤテのごとく!(漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/44757334

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく! 第221話「ビーチに来たからにはやる事がある」:

» ハヤテのごとく!第221話「ビーチに来たからにはやる事がある」感想 [荒川キャッチデイ]
一度でいいから見てみたい、ヒナギクが「歩お姉ちゃん〜♪」と甘えるところ。…雪路は? [続きを読む]

受信: 2009年4月23日 (木) 00時18分

» ハヤテのごとく!第221話「ビーチに来たからにはやる事がある」感想 [かをぬくな〜]
ハヤテ感想は続きから。 [続きを読む]

受信: 2009年4月23日 (木) 17時36分

» ハヤテのごとく!第221話 「ビーチに来たからにはやる事がある」感想 [日常と紙一重のせかい]
ええ、ヒナギクはか弱いです。 ハヤテのごとく!第221話 「ビーチに来たからにはやる事がある」 の感想です。 [続きを読む]

受信: 2009年4月23日 (木) 19時04分

» ハヤテのごとく!221話【ビーチに来たからにはやる事がある】畑健二郎 [360度の方針転換]
 ビーチに来てやること……イカ娘が存在しないか探すことでゲソか?  とりあえずあやしい外国人と真面目に戦うことではないらしく――いや、凄くマジになっている気もするけれど――男にはマヒャドのごとく冷たいハヤテが憐れな咲夜の兄を何回も何回ものしまくる。  男....... [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 12時32分

« バスカッシュ! #03「デストロイ・デストロイ」 | トップページ | 戦場のヴァルキュリア 第三章「第7小隊誕生」 »