« かんなぎ 第十幕 「カラオケ戦士 マイク貴子」 | トップページ | ソウルイーター 第36話 「放て、7人の共鳴連鎖!~破壊と創造の演奏会?~」 »

機動戦士ガンダム00 #10 「天の光」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1
Blue-ray Disc 機動戦士ガンダム00 6
Blue-ray Disc
【4話収録】
#19「絆」
#20「変革の刃」
#21「滅びの道」
#22「トランザム」 Prototype
石川智晶
エンディングテーマ

「いいわ、あなたはそうやって何もしないでいればいい。私は戦う。そうしないと国は取り戻せないから」

 国を奪われた者の言い分としてはもっともだとは思うんだけど、実際のところかなり難度は高いよなあ。シーリン自身も戦力差を把握しているし、連邦に勝つことなんてできないと分かってはいるんだろうけど、それでも抗わない訳にはいかない・・・ってとこなんだろうなあ。

 ただ、連邦にケンカを売って奇跡的に国が取り戻せたとして、その先一体どうするのか。疲弊し国力もなく売るものもない国をどうやったら維持できるのか。だいたい、ずっと国内紛争していた様な国を本当にまとめられるのか。国民は支持してくれるのか。等々といった問題を考えているかどうかは気になるね。というか、あんまり考えて無さそう。

 これはCBもそうなんだけど、常に場当たり的な対処をしている様に見えちゃうんだよなあ。戦略がないというかさ。一応、連邦の打倒が戦略目的なんだろうけど、いくらなんでも連邦を打倒しちゃったら、世界の重しがなくなって、昔以上の混沌が待っていそうだし、そもそも無理な戦略目的だし、それって戦略がないのと同じなんじゃないかなあと。ただ闇雲に戦う事ばかり考えている様だと未来は無いと思うなあ・・・。戦略無き戦いほど無駄な戦いは無い訳で。

 ファーストシーズンのマリナには指導力は無かったけど国の未来を見据えた戦略があったし、いまも無くしてしまった未来をどうすべきなのかと苦悩している訳だけど、これこそが指導者に必要な大切な資質だと思うんだが・・・。シーリンの評価は低いよなあ。


何かありましたら、こちらからどうぞ。

■機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 DVD (amazon)
■機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUND TRACK 3

|

« かんなぎ 第十幕 「カラオケ戦士 マイク貴子」 | トップページ | ソウルイーター 第36話 「放て、7人の共鳴連鎖!~破壊と創造の演奏会?~」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/43352662

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 #10 「天の光」:

» 世界日本ハム 12月7日の取組 [【非公式】熱闘!世界日本ハムダイジェストへの道!]
 セルゲイさん逃げてー!!ガンダム00第10話の記事です。もう10話なんですか・・・早いですねぇ。 こちらはTBの飛びづらいところへの送信用です、TB・コメント等は以下のリンク先記事にお願いします。 ワイはガンダムや!プロゴルファー00や! 第10話 http://blog.livedoor.jp/gm0079/archives/51306782.html http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50637990.html http://mnd.de-... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 02時49分

« かんなぎ 第十幕 「カラオケ戦士 マイク貴子」 | トップページ | ソウルイーター 第36話 「放て、7人の共鳴連鎖!~破壊と創造の演奏会?~」 »