« ソウルイーター 第37話、第38話 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #13 「メメントモリ攻略戦」 »

かんなぎ 第十三幕 「仁、デレる」

かんなぎ 3 【完全生産限定版】
 [DVD] 産巣日の時(かんなぎ盤)
戸松遥
エンディングテーマ かんなぎ3 (REX COMICS)
著者:武梨 えり

「だって、だって楽しかったんだ!毎日毎日楽しかった!」

 面白かった!いやあ、ホント毎回楽しかったなあ~。うん。いい最終回だった!

 スタッフの皆さんお疲れ様でした!二期もあるといいな~(笑)

以下追加の感想をば

■ナギ
「よくも今まで・・・こんなギリギリのバランスで・・・、よくも・・・などと・・・」

 自分が何者なのか分からないのって怖えぇなあ。ちょっと前までは、自分が本物だと思ってたのに、自分と本来のナギ、つまりかんなぎ様との共通の記憶はあるものの、それが本当に自分の思い出なのか分から無なくなっちゃったんだもんなあ・・・。神であるという事で自分自身を支え、その事が行動の指針となり、はたまた仁に世話をさせる理由にもなっていたんだから、そのベースが揺らげばそりゃあねぇ。何者かも分からない自分が、どんな理由で仁に甘えていたんだ、何を偉そうな事を言っていたんだ・・・ってなるわなあ。

「きっとヒントがあるよ、二人で考えよう」

 そんなナギの心の支えになった仁だったんですが、この後の手をつないだシーンがいいのよ~。家に帰ってきた時も手をつないでいたっぽいし、きっとずっーと手をつないで帰ったんだろうなあ。なんて考えるとにまにまですよ!(笑)

■つぐみ

「なぜだか今に解ります。今にじゃない、もう解っているはずです。あなたの心はとっくの昔からすでに恋で動いているじゃありませんか」

 あと、仁とナギの描写もすごく良かったんだけど、今回はなんといってもつぐみだよなあ。仁に拒絶されて、ナギに家出された仁と同じ様に仁と向き合う事が怖くなってしまったつぐみが、夏目漱石のこころの登場人物「先生」のセリフをきっかけに自分が本当にしたい事に気付き、同じ状態の仁にアドバイスを投げかける。塩を送る事にもなりかねない事も分かっているのに、仁の事を思って伝えなければならない事を伝えたり、「手をつないでたよ♪」って掲示板の書き込みも見ただろうに普段と同じ調子で会いに来るつぐみは、ホントいい子だよなあ。

 まあ、最後のオチはちょっと可哀相だったけど、仁とナギが家に帰ってきてめでたしめでたし・・・で終わるよりも、これからも賑やかでドタバタな楽しい日々が続くよ!って感じで、ただ終わるよりももっと希望の持てるいい終わり方だったんじゃないかなあ。もっとも、続きが超気になる終わり方ではあるけどね(笑)

 つぐみガンバ!


何かありましたら、こちらからどうぞ~。

■motto☆派手にね!(かんなぎ盤) 戸松遥 オープニングテーマ
■産巣日の時(かんなぎ盤) 戸松遥 エンディングテーマ (amazon)

|

« ソウルイーター 第37話、第38話 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #13 「メメントモリ攻略戦」 »

かんなぎ」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/43549006

この記事へのトラックバック一覧です: かんなぎ 第十三幕 「仁、デレる」:

« ソウルイーター 第37話、第38話 | トップページ | 機動戦士ガンダム00 #13 「メメントモリ攻略戦」 »