« ソウルイーター 第35話 「嵐のモスキート!~在りし日の世界、制限時間は10分?~」 | トップページ | とらドラ! 第10話 「花火」 »

ハヤテのごとく! 第203話 「博打はしない方が儲かる」

ハヤテのごとく!17巻
畑健二郎 ハヤテのごとく! 3 (ガガガ文庫)
めざせ情熱クリエーター! 三千院ナギの流儀
著/築地俊彦 原作/畑 健二郎 
イラスト/畑 健二郎、兎塚エイジ、狗神 煌、博 桂ヒナギク 水着ver.
1/6スケールPVC塗装済み完成品
壽屋

「空港が外国の方でいっぱいです」

 サキさんらしいセリフだなあ。アメリカに入国した以上、自分達が外国の方なのに(笑)
 それにしても普段あんまり出番の無いサキさんがたくさん登場しているのは実に良いねぇ。アメリカに到着してはしゃいでるサキさんがむっちゃ可愛いしさ~。やっぱ、サキさんはいいね!

 ただ、ちょっと気になった事が1つ。1コマ目の請求書をよく見てみると大人2名様ってなってるんだよなあ。うーむ、海外旅行の場合は14歳のワタルは大人扱いなのか??なんだか良く分かんなかったのでググってみたら、0~2歳未満が幼児料金、2~12歳未満が子供料金との事。つまり12歳以上は大人料金になる様ですね。へーへー。

 あと、カジノで勝つのは無理だと思います!つか、ああいうのは雰囲気を楽しむぐらいのつもりで遊ばないと絶対失敗するよね~。ゆっきゅんとかマサルみたいな人達は別だろうけどさ(笑)

 それにしても、ラスベガスって空港にまでスロットがあるのか・・・。なんつーか、すげえ。

「ま、ウチはこの後友達と約束があるんで、とりあえず二人で仲ようとっときや~~」

 咲夜が合流しつつもいったん離脱みたいで少し残念だったんだけど、この友達ってのが気になるね~。公式ガイドによるとナギにはもう一人友達がいるって話だし、本編に関係ある人物なんだとしたら、そのナギの友達の事なのかな・・・。まあ、その最後の友達が咲夜とも友達とは限らないけどね^^;

「では行きましょうか。一条君」

 おお!!この人って、もしかして!!
 ■バックステージVol.22によると一条君は橘家の執事のみたいだし、最後のコマの女性はワタルの母親って可能性が高そうですねぇ。ナギも知っている人物みたいだしね。しかも、3巻のワタルのプロフィールによると、ワタルの母親は(父親も?)「現在、レイと共に海外にて豪遊中」って書いてあるし、ワタルの母に、貴島レイ、そして執事の一条君。一条君はハヤテに非常に存在意義がある人物らしいし、これは次回が待ちきれなくなってきましたね~。ホント超楽しみ!!


何かありましたら、こちらからどうぞ~。

■「ハヤテのごとく!」白皇学院生徒会校内放送CD1
■「ハヤテのごとく!」アニソン・カバー企画(仮)〈初回限定盤〉 (amazon)

|

« ソウルイーター 第35話 「嵐のモスキート!~在りし日の世界、制限時間は10分?~」 | トップページ | とらドラ! 第10話 「花火」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ハヤテのごとく!(漫画)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/43312530

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤテのごとく! 第203話 「博打はしない方が儲かる」:

« ソウルイーター 第35話 「嵐のモスキート!~在りし日の世界、制限時間は10分?~」 | トップページ | とらドラ! 第10話 「花火」 »