« ドルアーガの塔 the Aegis of URUK 第4話 「バンド・オブ・ハンド」 | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュR2 #05 「ナイト オブ ラウンズ」 »

マクロスF #05 「スター・デイト」

マクロスF(フロンティア) 1
Blu-ray Disc トライアングラー
坂本真綾
オープニングテーマダイヤモンド・クレバス
シェリル・ノーム starring May'n
エンディング曲

 シェリルはしばらくアルトの喧嘩相手になるのかなあって思ってたら結構はやくデレたね。アルトが彼女いない宣言をした時の嬉しそうな様子とか、アルトをからかったり、デート中に楽しそうにはしゃぐ様子がやたら可愛いらしいし、魅力満載の回でしたわ~。

「そうせずにはいられなかったに決まってるじゃない」

 シェリルって楽しい時は笑って、腹が立てば怒り、アルトの頬へのキスなんかもだけど、湧き出てくる想いを変に隠したりせず全身で表現する素直な子なんだなあ。いきなり曲を書きだす様子なんかも非常にらしいというか、トップアイドルとしての不自由さはあるけど、すごっく自由な魂をもった表現者らしい子って感じたなあ。

「うるさいわね。滅多に無いんだから有難がりなさい」

 まあ、今回やたら素直だったのはアルトが相手だったからっぽいけど(笑)たぶん、普通の子でいられる時間も相手もほとんどないんだろうなあ。いやあ、今回のエピソードで、ますます気にいったね!

■バジュラ
 やっぱ兵器だったか~。そりゃあ、ビームやミサイル撃ったり、フォールドしたりする生物なんていねぇよなあ(笑)

 でもだとすると、人類以外の知的生命体がいるって事だけど、どんな姿なのかなあ。バジュラと似た外見なのか、それとも全然違うのか。うーむ。バルキリーと人も似てるっちゃあ似てるけど、そのまんまってわけじゃないし、少し似た要素があって・・・。バジュラの外見からすると、手足が2本ずつの生物(尻尾はあるかも)の可能性は非常に高そうですな。まあ、ゼントラーディの例もあるから、同じように人類の別種って可能性もあるけどね。

■ミシェル
 いい奴だなあ。厳しい事をハッキリ言える奴って好きだな。クランの視線に入りそうな時に顔をそらしてバレない様にしてたけど、やっぱマイクローン化するとちびっ子になっちゃうクランの影響というか反動で、ゴージャス系の女の子を追いかける傾向があるって事なんかね~。

■ゼントラーモール
 行ってみてぇーーー!!ゼントラーディから見ても、マイクローンの街はミニチュアばかりに見えるだろうし楽しそうだなあ。自分もコーヒーカップの皿の上とか、靴の中とか入ってみたいよ(笑)

■マクロスフロンティアO.S.T.「フロンティアNOW」 サウンドトラック
■マクロスF(フロンティア) DVD版 (amazon)

|

« ドルアーガの塔 the Aegis of URUK 第4話 「バンド・オブ・ハンド」 | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュR2 #05 「ナイト オブ ラウンズ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

マクロスF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/41087248

この記事へのトラックバック一覧です: マクロスF #05 「スター・デイト」:

» マクロスFRONTIER 第5話「スター・デイト」 [シバッチの世間話]
マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)「あ・・・」 バイブレーション〜〜。 携帯電話のバイブレーション〜〜。 一体どこに当たっているの? バイブレーション〜〜。 さすがシェリルだぜ。 俺の期待に応えてくれる。 頬を赤くして悶えているのがたまらんな....... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 20時38分

» マクロスF第5話「スター・デイト」 [空想野郎の孤独語り]
ふわー、今週はどうしても、ランカのイラストを入れたくて 大幅にレビューアップが遅れてしまいました。 いつかは「トライアングラー」な3人の図も考えて入るんですが。 最近、「しゅごキャラ!」とかでも、サテライトがよく、髪の毛の カラーリングをエアブラシだけでしてるのに憧れてやってみたんだけど、 ランカって重いグリーンだから、コスチュームが淡い色じゃないと くどくなっちゃうんですね。 あのお嬢様学校のセーラー制服はよく似合うと思いますよ♪ さてさて、いよいよ三角関係の発動です。先週... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 00時59分

» ◎マクロスF第5話「スター・デイト」 [ぺろぺろキャンディー]
ランカは兄のオズマに歌手になるのを反対される。女子がロッカーにはいってくる。アルトとシェリルはあわてて、ロッカーに隠れる。キャサリンは、オズマをつれてどこかにいく。シェリルは、アルトのお守りを預かっておくといって胸にいれる。そして、ランカが停学になった...... [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 11時40分

« ドルアーガの塔 the Aegis of URUK 第4話 「バンド・オブ・ハンド」 | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュR2 #05 「ナイト オブ ラウンズ」 »