« ソウルイーター 第2話 「俺こそスターだ!~最もビッグな男、ここに現る?~」 | トップページ | 狂乱家族日記 #01 「凶華様、君臨す!」 »

RD潜脳調査室 第2話 「少女」

Supernova/Wanderland
オープニングテーマ
「Wanderland」収録Always in My Heart
エンディングテーマ
「片膝の汚れ」収録

 1、2話の舞台になったアイランドでは設置された公衆端末でしかメタルに接続出来ないって注意をしていたけど、サヤカや介助師の女性なんかは自分自身が接続できるぐらいだし、やはり通常はどこでも接続できるサービスみたいですね。それにしても、常時接続できる感覚ってどんなものなのかなあ。インターネットに接続できない場所に行くと、微妙に不安というか余計に接続したい気分になったりするんだけど、自分自身が接続できるのが当たり前の世界で、アイランドの様な接続できない場所に行ったりすると、そんな気分になったりしないのかなあ。ある意味、目が見えたり耳が聞こえたりするのと同じレベルで当たり前の感覚になってそうだから、それが使えないのって言い様のない不便さ不安感がありそうな気がするけど、サヤカがどんな気分だったのかが結構興味あるなあ。(ミナモに伝えた様子では、あっけらかんとしてたけどね^^

 それはそれとして、ミナモ視点での波留との出会いを追ったAパートはミナモが可愛らしいのと、ソウタの朝食が美味しそうだったのが印象的でしたわ~。いやあ、やっぱ朝食はごはんだね!(笑)

「メタルは海だ。海の一部となってバブルに溶け込めば、僕はまた潜る事が出来る。そうだろ、久島」

 泣きそう。てか、涙目でした。久島も思わず口に手を当てて泣きそうな感じだったけど、事故が解決したあと思わず自ら迎えに行っちゃう気持ちも分かるなあ。ほんと胸が熱くなったよ。ミナモとの共同作業の流れも良くってさ~。もぉこの作品大好き!

 しかし、ミナモと波留の超感覚は凄いなあ。波留はメタルに潜った状態で、ライン上のミナモに気づくことができたけど、普通の人だとノイズにもならない情報から、感覚的に変化を感じる事が出来る能力、例えば一流のドライバーが車に乗っている状態で地面のちょっとした変化を捉えられたり、山で仕事をしている人が空気から天気を読んだりするのと同じなんでしょうね~。

 今回も面白かったあ~。次回も楽しみなのですよ!

|

« ソウルイーター 第2話 「俺こそスターだ!~最もビッグな男、ここに現る?~」 | トップページ | 狂乱家族日記 #01 「凶華様、君臨す!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

RD潜脳調査室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/40917255

この記事へのトラックバック一覧です: RD潜脳調査室 第2話 「少女」:

» (アニメ感想) RD 潜脳調査室 第2話 「少女」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
『海が燃える』現象、そして謎の衝撃波に見舞われたアイランド。その影響でアイランド全域が停電となり、病院の生命維持装置などが停止していた。この事態を解決するために、ミナモは一人、使われなくなったモノレールの上を走り変電所を目指す。一方、メタリアル・ネットワ....... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 00時28分

» RD潜脳調査室   第2話 [にき☆ろぐ]
さて、今回の最初は前回までのミナモ視点ちっちゃいミナモは可愛いですね彼女は自然を感じることができるようですけどこれってカンみたいなものなのかなぁ前回の波留との出会いもミナモ視点で見たらなるほどとわかりやすかったですしかし前回のホロンと戦った彼はミナモの...... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 20時05分

« ソウルイーター 第2話 「俺こそスターだ!~最もビッグな男、ここに現る?~」 | トップページ | 狂乱家族日記 #01 「凶華様、君臨す!」 »