« ハヤテのごとく! 第169話 「見ても、そってしておく事が大事です」 | トップページ | CLANNAD 最終回 「影二つ」 »

狼と香辛料 第十三幕 「狼と新たな旅立ち」

狼と香辛料 第1巻(限定パック)
3話収録 狼と香辛料II
電撃文庫
支倉 凍砂 リンゴ日和
ROCKY CHACK
エンディングテーマ

 面白かった~。ロレンスとホロの甘い駆け引きをとっても楽しく見れたんですが、同時に様々な出来事の中で見せるロレンスの商人としての駆け引きが非常によいスパイスとして機能していて(逆か?笑)、楽し過ぎて12話をあっという間に駆け抜けて行ってしまった感じですね~。いやもう、早過ぎですよ!ほんと毎週楽しみだったんで、もっと見ていたかったなあ。まだまだ原作あるし、ぜひ続きもやってほしいね。

 それはそうと、初見で館長の買い取りが今一分んなかったので、ちょっと整理してみた。

1)47リュミオーネの借金を抱えたロレンスはレメリオに金の密輸を持ちかける

2)レメリオ商会はロレンスの話に乗り600リュミオーネ分の金の購入を決断する

3)実はレメリオ商会は資金の調達ができず、100リュミオーネ分だけしか購入できなかった

4)そのため、ロレンスに分け前を支払うと儲けが無くなるため、ロレンスを裏切った

5)危機を脱したロレンスはそれに気がつき、ノーラに密輸をまかせ先行してレメリオ商会へ

6)裏切りをネタに密輸の金を500リュミオーネで買い取らせる

7)この500リュミオーネは10年で返済するもの(つまり、年50リュミオーネ)で、返済先はローエン商業組合へとし、すぐさま証書を作る

8)館長はその証書を30リュミオーネで買い取り、取引(密輸した金のレメリオ商会への引き渡し)が成功しだい100リュミオーネを支払う事を約束する

 んで、10年先の借金を換金するというのは証書を売る事が出来るという事なんだけど、ピンと来なかったのは30+100の130リュミオーネでの買い取り。安くねーかなあと思ったし、ロレンスも一瞬そんな反応をするんだけど、すぐさまロレンスは礼を述べるんだよね。

「お前も一人前の行商人になったものだなあ」

 でも、よく考えてみれば10年で500リュミオーネが回収できる証書とは言え、レメリオ商会が潰れる可能性だってあるから(今回だって取引品の急激な価格変化によるものとは言え、失敗して潰れそうだったわけだし)、それなりのリスクはあるんだよね。当然時間はかかるしさ。それをほぼ即金の130リュミオーネで買い取るんだからかなりの温情とも取れるし、しかも、商館に利益をもたらせたとなれば組合の中での立場も良くなるかもしれない。その辺の天秤をロレンスが一瞬で判断したからこその館長のセリフだったのではないかなあ。うーむ。深いなあ。

■旅の途中 清浦夏実 オープニングテーマ
■狼と香辛料 original soundtracks サントラ (amazon)

|

« ハヤテのごとく! 第169話 「見ても、そってしておく事が大事です」 | トップページ | CLANNAD 最終回 「影二つ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

狼と香辛料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/40659213

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料 第十三幕 「狼と新たな旅立ち」:

» ◎狼と香辛料第十三幕「狼と新たな旅立ち」 [ぺろぺろキャンディー]
傷ついたロレンス。ノーラに迫る危機。裏切りを知ったホロは怒りを抑えることができずに!これで一期は最終回か。狼と香辛料「公式サイト」「Wikipedia」「関連商品」トラックバック率(18%)「http://animation.blogmura.com/rpc/trackback/85832/qdy7n67gkslg」「http://a...... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 18時33分

« ハヤテのごとく! 第169話 「見ても、そってしておく事が大事です」 | トップページ | CLANNAD 最終回 「影二つ」 »