« ハヤテのごとく! 第168話 「疲れてる時は、寝てがんばれ」 | トップページ | CLANNAD 第21回 「学園祭にむけて」 »

狼と香辛料 第十二幕 「狼と若僧の群れ」

狼と香辛料 第1巻(限定パック)
3話収録 狼と香辛料II
電撃文庫
支倉 凍砂 リンゴ日和
ROCKY CHACK
エンディングテーマ

 若僧ってロレンス達の事かと思ったら狼の群れの事だったのか!なるほどね~。群れってなんだろ?って思いつつも、うまくだまされたよ。しかし、あんな群れに囲まれたら生きた心地しないわ・・・。この作品に出てくる恐怖って、リアルで怖いの多いなあ。まあ、行商には行かないけどさ^^

「負けたよ」

 内緒話のあとの申し訳なさそうなノーラの表情が可愛い。でも、ホロの言う通り、弱々しくも見えつつも芯は強い人物の様ですね~。ホロは自分の事を誤魔化しつつ、ノーラに自身の覚悟を答えさせロレンスも安心させたりと、さすが賢狼といわれるだけはあるなあ。

 んで、町で取引をしてきたリーベルトが金を持ってくるんだけど、あの金の価値って幾らぐらいなんだろ?現在の価格だとあんまり意味ないかもだけど、今1g3,300円ぐらいで、あの袋の大きさ(大人の男性の手のひらの上に載せて少しい大きいぐらい)から推測される金の量は10kg(1万g)前後だと思われるから・・・。ざっくり計算すると、3,300×1万=3,300万円は超えそうですね~。教会がどれ位ぼったくってるか分からんけど、倍ぐらいになるなら中々。まあ、この世界での金の価値がハッキリしないし重さも適当だから、1,000万~5,000万ぐらいの幅はあるかもしれないけど、どちらにしろかなりの利益は取れそうですね。うまくいけばだけど。(あっ、一袋とも限らないか・・・

「保険ですよ」

 さっそく上手くいきませんでした・・・。うーむ。でも、この裏切りって、レメリオの指示によるものなのかなあ。それともリーベルトの独断なのか・・・。どちらにしろ、レメリオには致命傷になりそうな判断だよなあ。

 しかし、ホロとロレンスはともかく、ノーラが超心配ですよ。ロレンスの悔し涙はノーラを巻き込んでしまった事に対してだと思うけど、彼女だけはどうにも出来ない立場に陥ってそうだしなあ。甘い刺客達が、またしても甘い判断をする事を期待するしかなさそうだよ・・・。

 あと、あれだ、若僧でっかいなあ。ホロの狼モードも大きかったけど、それ以上なんだもんな~。でも、あんな狼いるなら見てみたいなあ。丸呑みされそうで、超怖いけど^^

■旅の途中 清浦夏実 オープニングテーマ
■狼と香辛料 original soundtracks サントラ (amazon)

|

« ハヤテのごとく! 第168話 「疲れてる時は、寝てがんばれ」 | トップページ | CLANNAD 第21回 「学園祭にむけて」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

狼と香辛料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/40578534

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料 第十二幕 「狼と若僧の群れ」:

» ◎狼と香辛料第十二幕「狼と若僧の群れ」 [ぺろぺろキャンディー]
借金返済の秘策を実行する為、リュビンハイゲンからラムトラへと向かうことになったロレンスたちとレメリオ商会のリーベルト、そしてノーラ。ラムトラへの道程には狼の群れが出没する危険な森が広がっていたが、ノーラの働きによって一度は襲撃を切り抜ける。しかし、その...... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 18時18分

« ハヤテのごとく! 第168話 「疲れてる時は、寝てがんばれ」 | トップページ | CLANNAD 第21回 「学園祭にむけて」 »