« 灼眼のシャナⅡ 第9話 「哀しみのマイルストーン」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第36話 「クラウスは倉臼と書いて日本人」 »

機動戦士ガンダム00 #09 「大国の威信」

機動戦士ガンダム00 DVD1
【2話収録】
第1話「ソレスタルビーイング」/第2話「ガンダムマイスター」
【特典】
初回特典:解説書(24ページ) 
毎回封入特典:ライナーノート(8ページ) 
毎回映像特典:次巻予告PV 
仕様:スーパージュエルケース DAYBREAK’S BELL
機動戦士ガンダム00
オープニングテーマ 罠 [Limited Edition]
機動戦士ガンダム00
エンディングテーマ

 人革連の物量を使った中佐の作戦にくぎ付けでしたよ。中佐すげー。中佐の一手一手、相手を追い詰めていく手法に惚れぼれだぜ。GN粒子に関しては宇宙世紀のミノフスキー粒子と違ってCBしか使ってないから、いずれ何かあるかなーって思ってたらこんな方法とはね。しかし、あの双方向通信システム、この作戦の為にワザワザ作ったんだろうけど(それ以外利用方法が無いだろうし^^)いったい幾ら掛ったんだろう。数十万個だもんな~。人革連すげー。

 スメラギの作戦自体は、そんなに悪くないと思ったけど、実際プロから見たらどうなのかなあ。ちょっと気になるね。中佐が無視した場合は、スメラギの言うとおりで、陽動に向けて戦力を分散させた場合はもっと良かっただろうしね。ただ、中佐の目標がガンダムの奪取だったって事を推測できなかったのが、スメラギのミスなんだろうねぇ。

 あとあれだなぁ。残した機体のうち、1体はデュナメスで仕方がないとして、もう1体はエクシアじゃなくてヴァーチェの方が良かったんじゃないかなぁ。挟み撃ちにする前提での機体選定って事なんだろうけど、エクシアだってライフル持ってるし格闘戦が得意な機体ってのもあるしで、相手の陣営に後方から突入して撹乱するのに向いていると思うんだよね。さらに、広域射撃ができるヴァーチェの方が船を守りやすかったんじゃないかとも思えるわけで。まあ、結果論だけど。

 他には、全力で逃げるって手は無いのかとも思ったけど、加速度的に無理だったんでしょうね。あれだけの質量のものを最高速まで持っていくのには時間がかかるだろうし、相手はすでに巡航速度に達しているだろうから必ず追いつかれちゃう。もう少し早く敵の動向に気づいていれば何とかなったかもしれないけど、タイミングを逸していたって所ですね。

 この原因はクリスが席を離れていた所為なんだけど・・・。うーむ。CBって交代要員もいないのかなあ。武装が無いとはいえ宇宙を航行する船で、しかも周りは全部敵ってわりにしては呑気だなあ。そういう状況なら24時間常にデブリや敵などの様々な脅威から船を守らなきゃいけないから―というか宇宙で24時間の概念がどれ位あるかが疑問だし、少なくとも周りは(敵も味方も)様々な基準の時間で動いているから、それら全てに対応する必要がありそう―、どう考えてもブリッジは24時間稼働していないとなあ。せめて、AIなりハロの様なロボットに肩代りさせるとか、あとオペレーターがあれしかいないのなら、船内どこにいても状況が把握できるような船内専用の個人端末ぐらいあっても良さそうなのに。だから、一概にクリスだけの責任とは言えないなあ。やっぱ、CBってバランスの悪い組織ですねぇ。

■アザディスタン関連
 王国へ国連大使がやってきましたよ。姫さんの外交も政治的パフォーマンスとして役に立ったって事かなのか。よかったね~。なーんて見てたら、国連大使ってこいつかよ!あ、怪しすぎる。アレハンドロ・コーナー。CBの本当の目的(あるかどうかはまだ分からないですが)と絡んでるのか??いやぁ、きな臭くなってきたねぇ。

■ロックオン関連
 兄さん兄弟いたの!!しかも双子みたいだし・・・。びっくりだ。あと、本当の名前とか色々明らかになってきたね~。ニール・ディランディ、アイルランド出身。両親はテロで死亡。
 フェルトとの事も気になるし、今後も注目ですよ。

■機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 1 (amazon)

|

« 灼眼のシャナⅡ 第9話 「哀しみのマイルストーン」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第36話 「クラウスは倉臼と書いて日本人」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/17251134

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 #09 「大国の威信」:

« 灼眼のシャナⅡ 第9話 「哀しみのマイルストーン」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第36話 「クラウスは倉臼と書いて日本人」 »