« CLANNAD 第9回 「夢の最後まで」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第39話 「よいこの友達 借金執事万歳!」 »

機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」

機動戦士ガンダム00 DVD1
【2話収録】
 第1話「ソレスタルビーイング」
 第2話「ガンダムマイスター」 DAYBREAK’S BELL
機動戦士ガンダム00
オープニングテーマ 罠 [Limited Edition]
機動戦士ガンダム00
エンディングテーマ

 刹那は相変わらずよく分らんことするなぁ。情報収集のためだとは思うんだけど、自分が動いて結局なにしたの???故郷に近い街並みを歩いてみたかっただけだったりして^^;

「俺は・・・、ガンダムになれない」

 過去のトラウマが原因で悩んでいるんだと思うんだけど、いま一つ共感できなくてピンとこないんですよねー。彼の目的が良く分らん。うーむ。平和な世界に住んでるから分んないのかなぁ。それとも、刹那は正義の味方になりたかったのか。だとすると、CBにいること自体間違いだよ・・・。

■石油について
 石油の残存量が分んないから絶対じゃないんだけど、燃料以外の石油製品(プラスチック、合成繊維、合成ゴム等)の存在があるかぎり、ここまで悲惨な状態にはならないんじゃないかなぁ。残存量が豊富なら別だけど、残存量が少なくなっているんであれば(300年後だしね)希少価値が高くなって、いわゆるレアメタル的な扱いをされていてもおかしくない気もするのですよ。代替え素材が開発されているのかも知れないけど、これだけ大量に使用できる素材はなかなかないだろうしなあ。まあ、専門家って訳じゃないから正確なところはわからないけど。
 
 そういう状況を踏まえて考えると、石油の輸出規制がされたのは太陽光発電の普及を有利にするためだったと考えられるけど、ついでにそれら派生製品の主導権も握る事が出来る訳で・・・。エネルギーが無いと国が動かなくなる可能性があるけど、資材が多少足りない位なら何とかなるからねえ。北米やアジア、ヨーロッパでも原油は産出してるから、エネルギー問題を口実に中東に原油を輸出させなければ結構美味しいよなあ。結局3大国に都合の良い枠組みが作られたって事なんでしょうねぇ。

■沙慈関連
 ルイスママ面白キャラに変身(笑)
 いや、結構可愛いなあ。もしかすると、惚れっぽい性格だからこそ、初めて出会った男をなるべく排除するような性格になったのかもね~。もう、沙慈はルイスとセットで付き合っちゃいなよ^^;

■機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 1 (amazon)

|

« CLANNAD 第9回 「夢の最後まで」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第39話 「よいこの友達 借金執事万歳!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

機動戦士ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/17448122

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」:

« CLANNAD 第9回 「夢の最後まで」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第39話 「よいこの友達 借金執事万歳!」 »