« ハヤテのごとく! 「ワイルドなライフ動物が許してくれない」という第151話 | トップページ | CLANNAD 第3回 「涙のあとにもう一度」 »

バンブーブレード 第6話 「川添珠姫と遅刻の武礼葉」

バンブーブレードDVD 一本目 BAMBOO BLADE 2
土塚 理弘/五十嵐 あぐり BAMBOO BEAT OPテーマ
STAR RISE EDテーマ

 ダンくんはやっぱりカッコいいな。ミヤミヤが自由に試合が出来るように道化になって席を外すし、試合後のフォローもバッチリだったし流石だぜ。
 それに対してコジロー先生は・・・やっぱダメだなあ。卑怯すぎだし(笑)

「えぇーーーーー」

 メガネをかけたタマちゃんが可愛いなぁなんて思って見てたんだけど、コジロー先生のあまりにもワザとらしい演技とタマちゃんの反応に大爆笑。幾らなんでも無理だから。どう見てもタマちゃんだし、そりゃばれるよーーー!!(笑)
コジロー先生ダメダメだけど、ここまで突き抜けると面白いって思えてきたよ。まあ、試合後の先輩に相手にされなさかげんはちょっと哀れだったんで、少しはましになってくれるといいなぁってのはあるんだけどね。

 キリノの副将戦は相手が黒い子だったんで心配だったんだけど、相手の悪意も全てスルーする真っ直ぐな剣道で勝利!良かった~。足引っ掛けられても、ワザとなんて欠片も思わずに黒い子に返す笑顔もすげー素敵。やっぱキリノいいわ~。バンブーで一番だね。あと、コジロー先生とのシンクロっぷりもなんか好き。

 しかし、タマちゃん断トツの強さだなぁ。キリノへのちっちゃい応援も可愛いかったし、次回の石橋先輩との勝負が楽しみだぜ。

■バンブーブレードDVD 一本目
■「BAMBOO BEAT」/「STAR RISE」 OP/EDテーマ (amazon)
歌:川添珠姫(広橋涼)、千葉紀梨乃(豊口めぐみ)、桑原鞘子(小島幸子)、宮崎都(桑島法子)、東聡莉(佐藤利奈)

|

« ハヤテのごとく! 「ワイルドなライフ動物が許してくれない」という第151話 | トップページ | CLANNAD 第3回 「涙のあとにもう一度」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バンブーブレード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/17026006

この記事へのトラックバック一覧です: バンブーブレード 第6話 「川添珠姫と遅刻の武礼葉」:

» (アニメ感想) バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第6話 「川添珠姫と遅刻の武礼葉」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
「バンブーブレード」OPテーマ~BAMBOO BEAT/EDテーマ~STAR RISE ついに始まった室江高と町戸高との練習試合、圧倒的な強さを見せる珠姫、初めての試合に戸惑う都、珠姫からの指導に触発される鞘子、いつもの自分のスタイルを貫く紀梨乃、それぞれの個性を出し試合に挑む、...... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 00時20分

» BAMBOO BLADE 第06話 「川添珠姫と遅刻の武礼葉」 [アニメって本当に面白いですね。]
BAMBOO BLADE   お勧め度:普通+   [剣道部]   テレビ東京 : 10/01 25:30〜   テレビ愛知 : 10/04 26:28〜   テレビ大阪 : 10/10 25:55〜   原作 : 土塚理弘(『ヤングガンガン』連載中)   キャラ原案 : 五十嵐あぐり   監督 : 斎藤久   脚本...... [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 14時36分

» レビュー・評価:バンブーブレード/第6話「川添珠姫と遅刻の武礼葉」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 30 / 萌え評価 38 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 28 / シリアス評価 7 / お色気評価 7 / 総合評価 20レビュー数 39 件 ついに始まった室江高と町戸高との練習試合、圧倒的な強さを見せる珠姫、初めての試合に戸惑う都、珠姫からの指導に触発される鞘子、いつもの自分のスタイルを貫く紀梨乃、それぞれの個性を出し試合に挑む、そして遅刻して現れた第5の戦士武礼葉(ぶれいば)の正体とは…... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 21時53分

« ハヤテのごとく! 「ワイルドなライフ動物が許してくれない」という第151話 | トップページ | CLANNAD 第3回 「涙のあとにもう一度」 »