« ハヤテのごとく! 第139話 「練馬と杉並の喫茶店とファミレスはまんが家と編集とアニメーターだらけ」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第20話 「本は好きですが、歌え大竜宮城」 »

天元突破グレンラガン 第20話 「神はどこまで僕らを試す」

天元突破グレンラガン2  BREAK THROUGH THE DREAM [Maxi]
キャラクターソング シモン&カミナ ヨーコ  天元突破グレンラガン
 完全新作アニメーションDVD
 「5.5話:俺のグレンはピッカピカ!!」同梱

月が落ちてくれば地上の全てが破壊されるとの事ですが・・・そりゃあそうかぁ。あれだけの質量だもんねぇ。でも、一年って結構楽観的な気がするなぁ。数百年数千年レベルで戻れなさそう。

「戦うのが指導者じゃない。決断するのが指導者なんだ」

英雄がいるとしてだけど、英雄として正しいと思われる行為が必ずしも英雄が行う行為として正しいものとは限らないという言葉を思い出しましたよ。
ロシウは政治家であって英雄じゃない。そして、シモンは英雄であって政治家じゃない。別な言い方をすると現状を維持しようとする意思と、現状を変化させようとする意思。この差がそのまま判断の差になっているんですが、今この状況を打破するために求められる力はどちらなのか。ロシウは反螺旋族・アンチスパイラルの戦力を分析した上で、逃げるしかないと決断したわけですが・・・。
うーん。どうもなぁ。ロシウの判断はまったく間違っているとも言えないけど、絶体絶命の中での判断としてはどうにもねぇ。色々と切り捨てる事で状況を悪くしているように見えちゃうなぁ。まあ、神の視点から見ているからってのもあるけど、宇宙に出た後アンチスパイラルからの攻撃がないと思っているのか?と言う疑問とかも湧いてくるのですよ。月の被害もそうなんですが、ロシウってシモンと同レベルで事態を甘く見ているよなぁ。
・・・あ、そうか。ロシウは足場と言うか後ろ(人間達)しか見ていなくて、目の前にいる敵を甘く見ている。シモンは前(迫り来る敵)しか見ていなくて、後ろにいる人達を甘く見ている。対照的だなぁ。

まあ、それはともかく。キタンかっこええ!!為政者としてではなく、大グレン団として戦うことを決意し、ドリルキーを受け取る姿は男だね。超カッコいいぜ。

そして、シモンの下に現れたのは・・・ヨーコ!よし来た!こうでなくっちゃ。盛り上がってきたぜ。

青空デイズ(グレンラガン盤)[Maxi] OPテーマ みんなのピース 新EDテーマ (amazon)

|

« ハヤテのごとく! 第139話 「練馬と杉並の喫茶店とファミレスはまんが家と編集とアニメーターだらけ」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第20話 「本は好きですが、歌え大竜宮城」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

天元突破グレンラガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/16091929

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン 第20話 「神はどこまで僕らを試す」:

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第20話「神はどこまで僕らをためす」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 17 / 萌え評価 11 / 燃え評価 16 / ギャグ評価 19 / シリアス評価 34 / お色気評価 19 / 総合評価 20レビュー数 209 件 カミナシティに帰還したシモンは監獄に収監される。そこにはかつてのライバル・ヴィラルも投獄されていた…。人間の避難を急がせるロシウ。ロシウの行動に不審を抱くキタンだが、行動の裏に隠された真の意味を知り驚愕する。 ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 17時57分

» らき☆すたキャラクターソングが4枚同時発売 [えぬぱすどっとねっと]
TVアニメ「らき☆すた」より早くもキャラクターソングが発売されましたw今回リリースされたのはVol.001〜Vol.004のいつもの4人組(泉こなた(平野綾)・柊かがみ(加藤英美里)・柊つかさ(福原香織)・高良みゆき(遠藤綾))ですw [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 22時56分

« ハヤテのごとく! 第139話 「練馬と杉並の喫茶店とファミレスはまんが家と編集とアニメーターだらけ」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第20話 「本は好きですが、歌え大竜宮城」 »