« おおきく振りかぶって 第13話 「夏大開始」 | トップページ | 大江戸ロケット 十六発目 「あたしがアレよ!」 »

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 第十六話 「裏切りの記憶は、琥珀色の微笑み・・・(後編)」

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Vol.1
【通常版】 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Vol.2 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 劇伴(サントラ)

アンバーの能力すげーーー。やっぱり、時間関連の能力だったようですね~。時間のあっちからこっちまで旅をしたと言ってたけど、過去にも未来へも時間移動できるって事なのかな。でも、払える対価に限界があるってどういう事だろう?
それにしても、アンバーの決意は辛いものがあるなぁ。全てヘイの笑顔を取り戻すための行動なんだろうけど、ヘイに嫌われてでもってのがなぁ・・・。色々と分かった上で、行動しているように見えるし、アンバー自身の未来とも関係あるのかなぁ。

「あの人の事、見ててあげてね」

インに対して話をするアンバーの様子からすると“この子にならヘイを任せられる”的な印象を受けるんですよね~。恐らく、アンバーはこの先もずっとヘイの傍にいる事はできないんでしょう。もしかすると、インの未来も知った上での台詞なのかもしれませんね。

「大きくなったね。ヘイ」

これも気になったなぁ。南米で組んでいた時はすでに今のヘイとそう変わらなかったし、少年の頃のヘイを知っているって事なのかね。うーん。どちらかと言うと、このアンバーは少年のヘイとしか出会ってないようにも思えるなぁ。あ、それとも、アンバーが小さくなったのかな。

それはそうと、ノーベンバー11は生きてましたよ!!こいつカッコいいんだよなぁ。仲間のエイプリルとジュライもいいんだよね~。特に今回はジュライとノーベンバー11が信頼を確認するとこと、エイプリルがノーベンバー11にタバコを差し出すシーンがよかったなぁ。もう、こいつら大好き。

アンバーと再会したヘイが怒りを爆発させ能力を使おうとした時、インはヘイを止めるんだけど、なんかララァの“大佐、いけない!”を思い出しましたよ。インもジュライも意思を示し、ヘイもノーベンバー11も仲間を想う。マキのアンバーに対する執着は契約者の持つ合理的な思考とは思えない。前にも少し書きましたが、これらの状況はヘイにどう関係しているのか、アンバーがゲートに対して行っているアプローチと関係があるのか、それとも元々契約者やドールはそういうものなのか。これらの謎はもちろんだけど、インの様子に気づいたヘイとイン、アンバーの3人の関係がこれからの見所ですね~。

覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A “NAME”~ 新OP主題歌 Dreams 新ED主題歌 (amazon)

|

« おおきく振りかぶって 第13話 「夏大開始」 | トップページ | 大江戸ロケット 十六発目 「あたしがアレよ!」 »

DARKER THAN BLACK」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/15841641

この記事へのトラックバック一覧です: DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 第十六話 「裏切りの記憶は、琥珀色の微笑み・・・(後編)」 :

« おおきく振りかぶって 第13話 「夏大開始」 | トップページ | 大江戸ロケット 十六発目 「あたしがアレよ!」 »