« 大江戸ロケット 十一発目 「埒もねえ!」 | トップページ | おおきく振りかぶって 第7話 「野球したい」 »

大江戸ロケット 十二発目 「もしも悩むのが嫌だったら」

冒頭、新宿駅に山手線が入ってく映像をみて、あまりのリアルな描写に番組間違えたかと思って番組表とか確かめちゃったよ。いや~面白い演出するねぇ。駿平とおぬいちゃんは、なぜなじぇって言ってるけどなんだろ?

打ち上げ試験は順調に進んでるみたいですね~。まだ、真っ直ぐ飛ばないけ、大分ロケットらしくなってきてて、少しずつ前進している感じがいいね。そんな中、駿平は清吉とおソラさんの関係が相当気になるようで・・・。いつもの通り、割り切れない、割り切れないと言いつつ、色々と悩んでるみたいです。でも、夕飯が少なくなってるのは仕方がないと思うよ。

しかし、今回何か変。勿論、いい意味で(笑)ご隠居の話もそうだったんだけど、妙な間と言うかテンポに笑わせてもらいました。いや、うまいなぁ。冒頭のなじぇなじぇはこれだったのね。

という訳で、なじぇなじぇを探しに行く駿平とおぬいちゃんですが、おぬいちゃんのはしゃぎっぷりがとてもかわいい。あと、行く先々でいつものメンバーが出てくるのに笑ったよ。このノリ、大江戸ロケットらしくて好きだなぁ。

1日目にまわった所は・・・
・神田 源蔵母 台本持ってるよ
・秋葉 新佐  ツンデレ冥土喫茶か
・上野 三太  仕事中~。助けてあげなよ(笑)
・巣鴨 六兵衛 なにやっとんねん。
・新宿 現代じゃ~
んで、今日は一休み。おぬいちゃんをひざ枕して固まってる駿平が可愛いな。

赤井は大分殺しに慣れてきたみたいで・・・。あ~あ。もう、悪役まっしぐらだな。このまま行くと最後は青い女に命を吸われちゃいそうな感じがするなぁ。

さて、2日目。金さんは楽しい人だな~。お伊勢さん所では兄さん!って・・・ま、江戸だけにな。おりくちゃんに教えてもらった占い師は、実力あったのね。

帰りの電車の中で駿平は昔の事をおぬいちゃんに話すのですが、駿平だけ寺子屋に行ってたって事は小さい頃から向上心と探究心を持った少年だったんだろうなぁ。両親も兄とは違う才能を見抜いたらからこそ、寺子屋に通わせたんだろうね。いい両親だったんだな~。

手をつないで歩く、2人が超可愛い。「教えてあげません」っていうおぬいちゃんもね。

お江戸流れ星IV PUFFY OPテーマ 100miles~虹を追いかけて [Maxi] EDテーマ (amazon)

|

« 大江戸ロケット 十一発目 「埒もねえ!」 | トップページ | おおきく振りかぶって 第7話 「野球したい」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

大江戸ロケット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/15505632

この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸ロケット 十二発目 「もしも悩むのが嫌だったら」:

« 大江戸ロケット 十一発目 「埒もねえ!」 | トップページ | おおきく振りかぶって 第7話 「野球したい」 »