« 精霊の守り人 第十一話 「花酒をタンダに」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第13話 「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」 »

天元突破グレンラガン 第13話 「みなさん、たーんと召しあがれ」

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)  空色デイズ(グレンラガン盤)OPテーマ  中川翔子

ピンクのパーカーを着たニアが女の子らしくてかわいいな~。シモンが見とれちゃうのも分かるわ。でも、あの立ち方はかなーり無防備な気がしますよ(笑)
ニアは働きたいと言って来るんですが、多分他のみんなもシモンと同じ意見だろうなぁ。そんなシモンに自分はもうお姫様ではないと伝えるニアがまた可愛くて素敵。

この後、ヨーコが耳を引っ張って連れて行くんですが、なんか幼馴染の世話焼きお姉さんみたいな感じでほほえましいな。ヨーコにとってシモンはやっぱり弟分なんでしょうね。逆らえないシモンも可愛いな。

ロシウが倒れたのはちょっと心配だなあ。余り目立たないけど、シモンを支えている人たちの一人だしね。(なんてこの時は思っていたのですが)しかし、リーロンは医者もやってるのか。何でここまで色々な技術を持ってるのかねぇ。あ、あとヨーコも14歳じゃん。子供じゃん。って思ったけど、この世界だと14歳はもう大人なのかもしれませんね~。子供の期間が我々よりも短くて成長が早いのかも。実際、20歳って言ってもみんな信じるだろうし。でも、そうなるとシモンはいくつなんだろう???

みんなニアの料理に期待しすぎ!ここまで大事になっていると、何かありますよ。絶対。お約束の例の奴が(笑)

そんな中、空から襲撃を受けるのですが、大グレンは空飛べないからなぁ。多少は対空砲もあるみたいだけど、爆撃されたら殆ど為す術ないまま撃沈されちゃいそう。ロシウがダウンしているから、変わりにヨーコがグレンに乗り込む事になるのですが、このシーンの間がいいんだよね~。シモンとヨーコにとってグレンに座っていた男、カミナの存在は他の誰よりも意味を持っている事を伝えてくれるんですよね。他の奴らが来てもこうならない。3人の関係性にグッと来るんですよ。勿論、ブータも含んでね。

空中戦をするグレンラガンがカッコええ!!
ラガンの力で空を飛ぶ能力、ブースターも手に入れたし一気に形勢逆転だ!でも、ヨーコさん無茶すぎだよ!

さて、今回の重要ポイント。敵戦艦の中での戦いは、ある2人の意識を大きく変えました。
一人はヨーコ。

「ねえシモン、知ってた?あたしね、カミナが好きだったんだよ」

弟分だと思っていたシモンの成長を目の当たりにして、ヨーコはシモンの見方を変えたようです。自分が世話を焼かないと駄目な半人前の少年ではなく、一人前の男として。シモンもカミナになろうとしてましたが、ある意味ヨーコもカミナになろうとしていのでは無いでしょうか?カミナの代わりに、シモンを支えていこうと。グレンに乗ったのもその為です。でも、もうシモンにそれは必要ありませんでした。だから、ヨーコはここでやっとカミナとお別れが出来たんじゃないかと思います。

もう一人はヴィラル。

「人間とは、一体なんなのですか!」

カミナ一人だったら多分彼の考えは変わらなかったと思います。あいつが特別だったと考えたでしょう。でも、人間の子供、シモンが自分たち獣人をいとも容易く撃破していく様を見て(しかも四天王をも)人間が獣人に劣る虫けらでは無いのではないか・・・と疑問に思いました。そう、疑問です。(彼の中では既に同等のものと認めていると思います。だから、人質をとった状態の攻撃を良しとせず、キッチリと決着をつけたかったのでしょう)
螺旋王が何を考えているのかまだ分かりませんが、今回の対応を見る限りもしかすると、此れを待っていたのかもしれません。ヴィラルが疑問に思ったこと、ニアが疑問に思ったこと。それぞれが、どう物語に影響していくのか。シモンとニアの出会いは何か意味があるのか。これからの展開に目が離せませんね~。

あ、そうそう。ニアの料理はすごいね(笑)いやぁ、ロシウも頑張っちゃったんだなぁ。

UNDERGROUND [Maxi] EDテーマ (amazon)

|

« 精霊の守り人 第十一話 「花酒をタンダに」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第13話 「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

天元突破グレンラガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/15547547

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン 第13話 「みなさん、たーんと召しあがれ」:

» ヴィラル強敵フラグか 天元突破グレンラガン13話「みなさん!たーんと召しあがれ」 [失われた何か]
ニアが働く事に目覚める回。食べる事も働く事だというヨーコの言葉ですっかりその気に。 ニアはショートもいいけど、ロングの方がいいような気がする。 ヨーコはシモンともすっかり仲良くなったようで。 ヨーコの胸... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 23時07分

» ダイグレンとぶ グレンラガン13話 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
 何故獣人は人を襲うのか?いや、別に獣人の食料が人肉ってわけでもなさそうだし、何か資源を巡って争ってる風でもないし、まさか宗教戦争などでもあるまい。  まぁ大方螺旋王ロージェノムが獣人を作った時にそうプログ... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 07時03分

» 天元突破グレンラガン 第13話「みなさん、た〜んと召し上がれ」 [アニメって本当に面白いですね。]
天元突破グレンラガン   現時点での評価:3.5〜   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30〜   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話  ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 20時08分

» (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第13話 「みなさん、た〜んと召し上がれ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) 四天王の一人、流麗のアディーネに勝利したシモン達。しかし、その余韻にひたる暇もなく、一同はテッペリンを目指す。そんな中、ニアが何か仕事がしたい申し出るのだが・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 03時24分

» 天元突破グレンラガン 第13話「みなさん、た〜んと召し上がれ」 [SERA@らくblog]
姫の料理がダメダメなのはお約束(笑) なんでもできるキャラに弱点あるのは、逆に好印象かな。 サブタイに反して、今回はヨーコがメインって感じ。 ビミョウにヨーコにも退場フラグの予感が… ▼ 第13話 『みなさん... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 10時54分

» 天元突破グレンラガン 13話「みなさん、たーんと召し上がれ」 [Spare Time]
『四天王の一人、流麗のアディーネとの海戦に勝利したシモンたち大グレン団。その余韻にひたる間もなくテッペリンを目指すなか、突然「働きたい」と申し出るニア。メンバー全員が働いているというのに、自分だけ何もしない... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 23時15分

» 天元突破グレンラガン 第13話「みなさん、たーんと召しあがれ」 [よう来なさった!]
此の手のお姫様が、興味津々で作る料理は 大概が不味い料理と決まっていて、ニアもその例外では無かったようですw 見るからに不味そうで、間違っても幸せにはなれないであろう料理。 本人は不味いと認識していないから、余計たちが悪いんですよw その無邪気な微笑み....... [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 00時29分

« 精霊の守り人 第十一話 「花酒をタンダに」 | トップページ | ハヤテのごとく! 第13話 「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」 »