« ハヤテのごとく 第9話 「エロイムエッサイム。ウシくん ウシくん!なんだいカエルくん?」 | トップページ | 大江戸ロケット 八発目 「恋も殺しもやるってさ」 »

天元突破グレンラガン 第9話 「ヒトっていったい何ですか?」

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)

OPにアニキがいないと寂しいなぁ。謎の女の子はかわいいけど、あれだけの存在感を持つキャラだっただけにね~。

さて、螺旋王と側近が登場して、敵がハッキリしてきました。今回出てきた名前は…メモメモ。

・螺旋王 ロージェノム

・王都テッペリン

・四天王
 神速のシトマンドラ
 不動のグアーム
 流麗のアディーネ
 怒涛のチミルフ(戦死)

ふむ。獣人たちを螺旋王が作ったって事らしいけど何者なんだろう?人間なのかなぁ。何しろ、娘も人間みたいだしねぇ。ラガンの事もそうだけど世界の秘密は、まだまだ沢山ありそうです。

シモンはアニキがいなくなって、すっかり自暴自棄になっちゃって…。そらぁなぁ、落ち込まない方がおかしいけど、シモンはシモンなんだよ。カミナじゃない。アニキなら、アニキだったらって言ってカミナがやってきた事をそのままやろうとする姿が痛々しくて見てられないよ(泣)ヨーコも自分のことで精一杯だし、新参の人たちにはアニキに思い入れもないしで厳しいなぁ。

せめてラガンがちゃんと動けばマシなんだけど、今のシモンじゃ無理っぽいし。やっぱあの暴走って、今回の事がトラウマになってて、皆を守るために戦わなくちゃ→戦うと誰かが死ぬかも→戦いを止めなくては、戦っていいのか?といった心理が働いて、そういった矛盾がそのままラガンで増幅されているんですかね~。

ダイガンザン改め大グレンを手に入れて大グレン団も意気揚々と行きたいけど、カミナを失ったのがやっぱ痛いな。まとめる人間がいないってのがなぁ。
それにしても、大グレンの設備すごいね~。修理工場も生活施設も食料も十分に揃っていて、こんなのを相手に戦っていたらそら勝てないわ。

「うそもいけません」

シモンはアニキの影を追うばかりで自分の判断が出来なくなってるんだけど、ニアは出合ったばかりでそれを見透かすなんて凄い子だな。まあ、あんだけ自棄になってたら分かるか。
それはともかく、この出会いって何か怪しいよね~。シモンのドリルキーで箱も空いたし、何者かの意図を感じますよ。でもこれって、シモンだけってより、人間が力を得たタイミングなのかなぁ?

シモンとニアが手をつないで一緒にいる所を見つめた時のヨーコの表情が、色んな感情が入り混じってそうでいいね。前半のシモンのやさぐれた表情とかもグッときたし螺旋王の作画とかも、今回は絵が印象的でよかったなぁ。

なんと、ニアは螺旋王の娘、第一皇女だったみたいです。なんで捨てられちゃったんだろ。うーむ、いい所で終わるな~。

空色デイズ(グレンラガン盤) [Maxi] OPテーマ UNDERGROUND [Maxi] EDテーマ (amazon)

|

« ハヤテのごとく 第9話 「エロイムエッサイム。ウシくん ウシくん!なんだいカエルくん?」 | トップページ | 大江戸ロケット 八発目 「恋も殺しもやるってさ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

天元突破グレンラガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/15226040

この記事へのトラックバック一覧です: 天元突破グレンラガン 第9話 「ヒトっていったい何ですか?」:

» 人という字は、一人の人がもう一人を支えている字だ グレンラガン9話 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
 人死に。「黒の契約者」では登場人物が如何に死ぬかを楽しみにしているような俺が(改めて最低ですねw)、グレンラガンではカミナの死に納得がいかない。これってかなり滑稽ですね、矛盾してるというか。  でもですよ... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 03時33分

» 天元突破グレンラガン 9話「ヒトっていったい何ですか?」 [Spare Time]
『都に届けられた四天王チミルフ戦死の報。それは新たなる戦いの幕開けに過ぎなかった…。激しい戦いの末、ダイガンザンを手に入れた大グレン団。だが得たものの代償はあまりにも大きかった。カミナという精神的支柱を失い... [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 15時46分

« ハヤテのごとく 第9話 「エロイムエッサイム。ウシくん ウシくん!なんだいカエルくん?」 | トップページ | 大江戸ロケット 八発目 「恋も殺しもやるってさ」 »