« 天元突破グレンラガン 第4話 「顔が多けりゃ偉いのか!?」 | トップページ | らき☆すた 第3話  「いろいろな人たち」 »

大江戸ロケット 三発目 「縁に縛られた銀の狐」

いいねぇ!今回も。
冒頭の金四郎、天天、天鳳の3人は、厳しい世の中の風向きを変えるため、密かに清吉を守ろうとしていたり、掛け合いも粋な感じでカッコいいねぇ。流石は遠山の。「天鳳」「天天」って返答はゼロ軍曹を思い出す。毛利チームかもしれませんが(←さすがにこっちは見たことない)

北町奉行遠山、南町奉行鳥居。この2人のやり取り緊迫感があるなぁ。南町の目的は何だろう。鳥居自身はかなり厳しい人間みたいだけど・・・。ソラの件を、知らないとか言いつつ獣って。分かってるんじゃあ。

長屋ではまたソラの件でひと騒動。
弟くんかわいいな。気になるよねぇ。家の形とか(笑)
兄貴のほうも、ソラが気になって仕方がない様子。分かりやすい兄弟ですな。

銀次郎は色々抱えているものがありそうですねぇ。
赤井に人気の無い所に連れて行かれて、戦う事になりますが・・・強ええな銀さん。
鳥居は江戸の町に落ちてきた獣から、江戸を守る為に黒衣衆を集めていたようです。しかも、なんと、銀次郎は黒衣衆の頭だった事が明らかに。うぁ、重いなあ。つまりは、黒衣衆を率いて江戸を守れって事だからなぁ。

でもなっとく、鳥居は現実的な危機から江戸を守り、遠山は江戸の希望を守ろうとしている訳か。

銀次郎の過去すげえ~。
十手鍵。盗賊の夜桜と銀狐。でもって、大塩平八郎の手の者だったのか。

皆の為になればと自分の力を使い頑張っていたけど、負けてしまった銀次郎。この事が重い鎖となり、自分の力が信じられない彼は、鳥居から逃げ出します。そんな彼をもう一度、前を向かせたものは何だったのか。

「やっぱりおめぇは、ただの遊びじゃ嫌なんだな。そうだな」

自分の花火が皆の希望になるんだと鼻息の荒い清吉。そんな彼に過去の自分を見ていた銀次郎。だから、清吉に手を貸したかった。清吉が失敗しないように、自分のようにならない様に。でも、お伊勢さんの言う通り花火は清吉がやりたい事で、銀次郎がしたい事じゃない。
まっすぐな清吉の思いが、お伊勢さんの心が彼に気付かせます。
銀次郎が本当にやりたい事は、清吉と同じように自分の力を使って何かの力にななる事。そして黒衣衆はそれができる場所。だからかれは、黒衣衆になることを決意します。

いやもう、この銀次郎の決意にむっちゃ泣いた。めっちゃ共感した。もう一度自分の力を信じて、何かの為に力を使う。カッコいいぜ銀さん。曲がまた良いね。

来週も楽しみ!

|

« 天元突破グレンラガン 第4話 「顔が多けりゃ偉いのか!?」 | トップページ | らき☆すた 第3話  「いろいろな人たち」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

大江戸ロケット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209919/14816379

この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸ロケット 三発目 「縁に縛られた銀の狐」:

« 天元突破グレンラガン 第4話 「顔が多けりゃ偉いのか!?」 | トップページ | らき☆すた 第3話  「いろいろな人たち」 »