ハヤテのごとく! 第367話「ミステリールーム⑤」

「でも大事だろう?こういうの」

 もしかして、シルキーハートのエピソードって、ここにつながってるのかなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく! 第359話「今でも将来どんな大人になるか迷う」

 西沢さんの想像ひでえ(笑)

 実際のハヤテはもっと優秀だから、西沢さんの想像の通りにはならないと思うけど…。まあ、お人好しで超不幸な体質だから、貧乏になる結果は同じだとは思うけど。つか、それ以上にやっかいなこと抱え込みそうだなあ^^;

 しかし、きっかけを与える能力って凄いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく! 第358話「ぶっちゃけ根はドSなのです。あと絶対マネしちゃだめ!!」

『ヒクッ』

 やば、坂道を恐がってるルカ可愛い。ちょっとハヤテの気持ちも分かるというか、水鉄砲での反撃を合わせてのいちゃつきぶりが実にいい(笑)

 やっぱハヤテって気に入った子はいじめちゃうタイプなんだなぁ。

 しかし、これでドSかあ…。

 仮にこれを基準にすると、普通のSってどの程度なのかなあ。ソフトSに至っては頬を撫でるぐらいな気も…。まあ、何というか、世の中デフレが進んでいるけど、こんな所にまで影響があるとは(笑)

 あ、もしかすると、程度の問題じゃ無く、Sとしての接し方の種類、例えば甘やかし過ぎて、結果的にだめ人間にしてしまう態度がソフトSなのかもね。つまり何が言いたいかというと、普段のハヤテも実はSとしてまっとうな態度をとり続けているんじゃないかって事で。ダメなお嬢様を見て心の奥ではゾクゾクしていたり、他にも自分に気がある女の子に対しその好意を分かっていながらいいところでスルーしてその反応を見て楽しんでるとか…。そう考えるとヒナギクのディナーもわざとだったのかって思えてくる不思議(こじつけ^^;

 まあ、ぶっちゃけ世の中のドSの基準って、ハヤテに限らず結構緩めだよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく! 第357話「サイクリング ヤッホー」

「ああ!! うどん返して!!」

 ルカ可愛い(笑)

 自転車かぁ。もうすっかり乗ってないなあ。

 しかし、前にいつ乗ったか覚えて無いほどだけど、それでも自転車が用意されれば普通に乗れると確信しているんだよね。これ何でかなあ。昔小さかった頃、自転車に乗れなかったと思われる記憶(あやふや)はあるんだけど、もう乗れないというイメージが思い浮かばない。多分習得したバランス感覚があるからだろうけど、なんか不思議だ。

 あと今回の話とは全然関係ないけど、畑先生のツイート見てて、無性にもうやんカレーが食べたくなったんで、営業時間を調べる為に検索したら、新橋に新しい店舗が出来た事が判明。これは嬉しい。帰りに行きやすくなったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく! 第356話「三人寄っても う〜ん…どうなんやろ…? って三人で悩むだけ

 三バカ可愛い(笑)

 理沙はハヤテの好きな人の話でもそうだったけど思考パターンがダメすぎる(笑)

 泉は色々抜けててちょっと幼いところがあって、美希は知識無し。でもこれまでの美希の言動からすると割と常識的な部分もありそうだし、一番は理沙じゃないかなあ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく! 第355話「大きな経済的成功を得るために必要な情報を16ページでまとめるとこうなる」

『僕の価値低っ!!!』

 咲夜とハヤテの関係って微妙と言うか絶妙な距離感だよなあ。近いようで遠いというか、さめてる様にも見えてそれなりに気にかけて貰えてる様な…。これまで咲夜の方から多少のアプローチがあったけど、そのたびにイマイチな対応してきたからその結果ではあるんだろうけど。

 まあ、今回はハヤテが無心に来た様なもんだから、咲夜が呆れるのも無理もない^^;

 この辺ハヤテは無意識なんだろうけど父親と似ている部分でもあるから、ちょっと危うい感じもするんだよなぁ。

 ここで咲夜が援助なんかしたら、それが直接の原因じゃないにしても、そういった無意識の要求が段々とエスカレートしていっていずれ父親の様になりかねない。もしかすると咲夜はその辺りを感じ取って、咲夜なりの優しさが現れた最善を示したのかも。

 つか、なんか姉ちゃんみたいな印象なんだよなあ。しょうもない弟を導いてあげてるような…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハヤテのごとく! 第354話「死亡フラグ。上がっているのはお前」

 シーモンキーと流しそうめん。どっちも子供の頃憧れたなあ。

 結局憧れのままだったけど、実際に体験してたらマリアやヒナギクの様になったんだろうか…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハヤテのごとく! 第334話「Identity Crisis」

ハヤテのごとく! 29巻 「他人の画集」付限定版 小説 劇場版ハヤテのごとく! 僕ら、駆け行く空へ 
「劇場版ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」OPテーマ

 ナギは売れないものを売るのが…って息巻いてたけど、単に売れるものを売ってるだけだよなぁ…。まあ、ナギも心では気がついてるみたいだし、次回のナギの動向に注目だなっ!…と、今週のサンデーを手に取る(笑)

 あと、ヒナギクがルカの手をそっと握るシーンがよかったなあ。ヒナギクさんの温かい心配りが素敵。

■ハヤテのごとく! 28巻 畑 健二郎 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく! 第333話「特別な何か」

ハヤテのごとく! 29巻 「他人の画集」付限定版 小説 劇場版ハヤテのごとく! 僕ら、駆け行く空へ 
「劇場版ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」OPテーマ

「私は…!!!! 特別な何かに!! なりたいのだ!!!!」

 ナギの本当の目的が「特別な何かになりたい」と言うことなら、手段がマンガである必要は無いんじゃないかなあ。ハヤテと千桜も驚愕していたけど短期間に宣伝のためのサイトを幾つも用意したりと、目的を達成するためのバイタリティには並々ならぬモノはあるし、今回のやり方が本当に正しいかどうかはともかくとして何者かになる可能性のある才能の片鱗を充分見せてると思うんだよなあ…。つか、ワタルよりよっぽど起業家に向いてると思う。

 まあ、もしかするとマンガへの情熱は本物で、焦りから手段と目的が入れ替わっちゃってるだけなのかもしれないけどね。ただ、それでもナギの才能がどこにあるかって話ではあるかなあ。

■ハヤテのごとく! 28巻 畑 健二郎 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハヤテのごとく! 第332話「天才の戦略」

ハヤテのごとく! 29巻 「他人の画集」付限定版 小説 劇場版ハヤテのごとく! 僕ら、駆け行く空へ 
「劇場版ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」OPテーマ

 自分の感性にあう読者を探すのか、より多くの人が読めるマンガを目指すのか。ナギとヒナギクの戦略は、応用編と基本編って感じだなあ。まあ、戦略としてはどっちもありだとは思うけど、正直ナギのマンガは読む人の事を考えていないマンガだから、そんな小手先の事をする以前だと思うなぁ。これで売れちゃったら基本を蔑ろにしそうだし、負けるべき挑戦だとは思うけど…。

 もちろん特殊な面白さだってありだとは思うけど、二人とも一兆部が目標なわけだしねえ。さてさて、どっちの手段が上手くいくのか実に楽しみだ。

■ハヤテのごとく! 28巻 畑 健二郎 (amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«ハヤテのごとく! 第328話「あの日したアシスタント代を僕達はまだもらってない」